あえて彼女の尻に敷かれるメリット9パターン


彼女に対して頭があがらない「恐妻家」的な男性は、昔から一定数いるものです。必ずしも男性が女性を引っ張らなければいけない時代ではありませんが、どうして彼らは彼女の言いなりになるのでしょうか?そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「あえて彼女の尻に敷かれるメリット」をご紹介します。

  • 【1】謝っていればケンカに発展しにくい

    「理不尽な言いがかりが多いけど、そこに突っ込んで取り返しがつかないことになるよりはまし」(20代男性)というように、無益な争いを防ぐために彼女の尻に敷かれるパターンです。ただし「とりあえず謝れば済む」という気持ちが透けて見えると、本音でぶつかってきてほしい女性は離れていってしまうかもしれないので注意が必要でしょう。

  • 【2】争いが少ないので関係が長続きする

    「お互い激しい性格だと、売り言葉に買い言葉でケンカが別れに直結してしまう」(10代男性)というように、安定したお付き合いのために彼女の尻に敷かれるパターンです。常に別れが頭をよぎると、先々のデートや旅行の予定、ひいては仕事や人生設計にまで影響しかねないので、リスク回避したければ我慢も有効かもしれません。

  • 【3】彼女が不満をため込まないので暴発しない

    「毎日小さくガス抜きしているので大噴火がない(笑)」(20代男性)というように、怒りを小出しにさせるために彼女の尻に敷かれるパターンです。いっそ、自分のせいではないことでも受け止めるくらいの覚悟があると、より長い平和が訪れるでしょう。

  • 【4】デートの段取りを決めてもらえるので楽ちんである

    「相手のやりたいことを優先すれば、いつもニコニコしてもらえてお互いハッピー」(20代男性)というように、ノープランでも許してもらうために、彼女の尻に敷かれるパターンです。ただし、「私の満足するプランを考えて」と際限なく要求がエスカレートする可能性も考えられるので気を付けましょう。

  • 【5】周囲からかわいそうと同情されて悪者にならない

    「トラブルに発展した場合、支持を得やすい」(20代男性)というように、「いい彼氏」を演じて周囲に評価されたくて、彼女の尻に敷かれるパターンです。そのためには彼女のみならず、全方位的に腰の低い姿勢を貫くとよいでしょう。

  • 【6】言われた通りの服を着ていれば満足してもらえる

    「特にこだわりはないので、むしろありがたい」(20代男性)というように、好みに合わせた服を着て機嫌をよくしてもらうために、彼女の尻に敷かれるパターンです。もっとも、指示に任せて洋服を買っていると、おそろしく散財するので加減は考えましょう。

  • 【7】お金や健康面まで心配してくれるため、自己管理が要らない

    「『私がいないとダメな人』と思わせておくと何でもしてくれる」(20代男性)というように、面倒くさいことを一手に引き受けてもらうために、彼女の尻に敷かれるパターンです。この場合は、結婚コース待ったなしなので、覚悟を決めたほうがよさそうです。

  • 【8】男同士の無駄なお付き合いが断りやすくなる

    「『彼女が迎えにきたんで』と言っておけば途中退席も楽」(20代男性)というように、人付き合いを制限する口実のために、彼女の尻に敷かれるパターンです。ただし、友達同士の結束が固すぎると「あの女のせいで人が変わった」と変な目で見られるので、ほどほどにしておきましょう。

  • 【9】彼女が何を考えているかわかりやすい

    「積極的に意思表示してもらったほうがこっちも何かとラク」(10代男性)というように、精神状態を把握するために、彼女の尻に敷かれるパターンです。とはいえ、たまには自分からも話を振らないと「何考えているのかわからない」とキレられてしまうので、会話のキャッチボールは怠らないようにしたいものです。

二人にとって心地いい関係なら問題なさそうですが、彼女が引っ張るのに疲れてしまうと、突然男らしい人に惹かれてしまうおそれもあるので、気を付けたほうがいいでしょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock