なぜ男は見抜けない?女子が教える「浮気症な女」の特徴9パターン


付き合うなら一途な子がいいと思っても、普段の行動からその人が浮気症かどうかを探るのは、なかなか難しいもの。恋愛の本性は、同性のほうが的確に見定めやすいのかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「なぜ男は見抜けない?女子が教える『浮気症な女』の特徴」をご紹介します。

  • 【1】常に女らしさの演出を意識しているので「フェミニンな服が好き」

    「周囲の男性すべてを恋愛対象として見ているような気がする」(20代女性)というように、女らしいモテ系ファッションを好む女性は、全男性に自分をアピールしたい気持ちがあるのかもしれません。とはいえアウトドアやスポーツの場でTPOを弁えた格好ができるなら、問題ないでしょう。

  • 【2】聞かれてもいないのに「彼氏とのラブラブぶりをアピールする」

    「生活が恋愛一色だから、彼氏とぎくしゃくするとすぐ次を探しだす」(20代女性)というように、恋をするたびにのめり込む女性が、必ずしも一途とは限らないようです。本当に相手を好きなのか、恋愛に依存しているだけなのかを見極めたほうがよさそうです。

  • 【3】サービス残業はうまく避けるなど「自分の損になることは絶対しない」

    「要領がいい子って、条件のいい人を見つけるとあっさり乗り換えるからスゴイ」(20代女性)というように、情に流されずシビアに自分のメリットを追求するタイプです。利害が一致している間はよくても、状況が変わると途端に移り気になるおそれもあるので、注意が必要でしょう。

  • 【4】旅行に行ったら「特に親しくない男友達にもお土産を買う」

    「口実を作ってキープ男のメンテナンスをしてる感じ(笑)」(30代女性)というように、普段付き合いのない男性にも旅行のお土産を配るのは、自分の存在を印象付けるのが狙いかもしれません。ただし、女友達にも浅く広く渡しているなら、単なるプレゼント好きの可能性もあるでしょう。

  • 【5】何かトラブルがあると「すぐ男性に相談したがる」

    「何かといえば『相談』を理由に男と接触する子。単なる口実なのが見え見えです」(30代女性)というように、異性に悩み相談を持ちかけるのは恋愛の常套手段のひとつ。特に、些細な問題で複数の男性に助言を求める女性には、それなりの下心がありそうです。

  • 【6】見た目は割と地味なのに「男友達が多い」

    「美人はほっといても男が寄って来るけど、地味子は自分から男にいい顔してることが多い」(20代女性)というように、容姿は普通でも常に男性に囲まれている女性は、相手に気を持たせるのが上手なのかもしれません。人間的魅力がある女性なら女友達も多いので、バランスで見極めましょう。

  • 【7】一人ランチなんてもってのほかの「寂しがり屋」

    「一人でいられない子って、『寂しかった』という理由で平気で浮気するからビックリ」(30代女性)というように、甘えん坊の女性は、寂しさを埋めるために浮気を正当化することがあるようです。社会人になっても一人飯NGな女性は、ちょっと危険かもしれません。

  • 【8】追いかける恋を好み「恋愛にスリルを求める」

    「『ドキドキしなければ恋じゃない』とか言ってるタイプは危ない」(20代女性)というように、ハンター気質の女性は安定した関係を退屈だと感じ、新しい恋を求めてしまうことも。この手の女性と付き合うのなら、常に刺激を与え続ける覚悟が求められるでしょう。

  • 【9】同性異性を問わず「ボディタッチがやたらと多い」

    エッチのハードルも低いことが多い」(20代女性)というように、自分と他人との距離が近い女性は、体の接触にも抵抗が少ないのかもしれません。異性相手だと性的な刺激につながるので、一線を越えやすくなってしまいそうです。

浮気症な女性は八方美人タイプが多いだけに、一見魅力的に映るもの。万一気の多い女性を好きになってしまったら、相手を束縛するより、自分が魅力的な男になるのを目指したほうが、建設的かもしれません。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock