ズバリ!結婚できない男に「足りないもの」9パターン


結婚したい気持ちはあるのに、どうして自分は結婚できないんだろう?と悶々としている男性は少なくないでしょう。その理由を知りたければ、近くにいる女友達や女性の同僚、女きょうだいに聞いてみるといいかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「ズバリ!結婚できない男に『足りないもの』」をご紹介します。

  • 【1】いまこのタイミングしかないと判断する「決断力」

    「よくいるのは、優柔不断すぎて結婚候補が離れていくタイプ」(20代女性)というように、ここ一番のチャンスをつかむ力が足りないパターンです。人にどう見られるのかを気にしすぎてしまう人も多いので、普段から「何事も自分で考えて決める」ことを習慣づけてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】結婚というゴールに向かって期限を設ける「計画性」

    「いつまでも時間があると勘違いしてない?と思います」(20代女性)というように、スケジュール感に乏しいまま婚活をだらだら続けてしまうパターンです。たとえば子どもをもうけたいなら、自分の年齢から逆算して人生設計を立てる必要があるでしょう。

  • 【3】傷つくことをおそれず行動に出る「積極性」

    「草食男子とは聞こえがいいけど意気地がないだけ…」(30代女性)というように、最悪の結果をおそれて行動に踏み切れないパターンです。いずれにせよ、ひとつずつ結果を確認しないと次にも進めないので、撃沈をおそれず積極的に行動しましょう。

  • 【4】まあ、この辺で手を打っておくかという「妥協心」

    「このあともっといい人が出てくるかも、なんて考えたらキリがない」(30代女性)というように、多少のことには目をつぶる心の広さとあきらめが足りないパターンです。相手に決定的なダメポイントさえなければ、思い切って決める勇気が必要かもしれません。

  • 【5】女性と付き合うために最低限必要な「清潔感」

    「女性と出会う前に、まずは不潔な身なりをちゃんとしなさいよ!と説教したくなる」(20代女性)というように、婚活に向けて最低限の身だしなみすらできていないパターンです。愛さえあれば少々だらしなくても受け止めてくれる女性はいるので、せめてそこまでは頑張りましょう。

  • 【6】家族を支えていくための「甲斐性」

    「仕事とか収入に対する意識が低いと、本当に家庭をもつ気があるのかなと問い詰めたくなります」(20代女性)というように、どう考えても経済力が不足しているパターンです。もっとも、身を粉にして働く覚悟さえあれば結婚後でも家計はどうにかなるので、一家の大黒柱となる気概が重要なのかもしれません。

  • 【7】生活習慣を多少なりとも譲り合える「協調性」

    「あまりに一人暮らしや実家暮らしが長い人って融通が利かないですよね」(30代女性)というように、自分の生活スタイルを堅持しようとして意固地になっているパターンです。結婚生活は妥協の連続とも言います。まずはなにごとにも頑固さを捨てる練習から始めましょう。

  • 【8】要所で感謝や愛情を伝える「表現力」

    「愛情表現がまったくない人からは、愛されている実感がもてない」(20代女性)というように、良好な関係維持への努力が不足しているパターンです。とはいえ、最初だけ頑張ればよいと愛情や感謝の表現を乱発すると、結婚後に「減った!」と文句を言われかねないので、注意が必要でしょう。

  • 【9】女性の悩みや相談を聞いてあげる「共感力」

    「ただ、『うんうん、大変だね』と頷いているだけでいいのに」(30代女性)というように、女性の話を聞き続ける能力がないパターンです。とりいそぎ自分の母親を相手に会話を続ける練習を始めてみたいところです。

いずれも「今さら言われなくてもわかってるよ!」と言いたくなるような内容だったかもしれません。だったら答えは明白。問題点を克服するか、問題点を気にしない相手を探すだけ。健闘を祈ります。(熊山 准)
Photo:All images by iStock