結婚する友人から学んだ「花嫁ゲットのために必要な努力」9パターン


友人の結婚を目の当たりにすると、「俺も奥さんほしいなあ…」としみじみ思ってしまうもの。とはいえ、相手をただ羨ましがっているだけでは、寂しい状況からいつまでも抜け出せないかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「結婚する友人から学んだ『花嫁ゲットのために必要な努力』」をご紹介します。

  • 【1】「出会いがないから」と言い訳せずに、とにかくチャンスを探す

    「合コンに誘われても『俺はいいわ』と断ってたので、あの差か!と痛感した」(20代男性)というように、素敵な伴侶に巡り会うには、やはり積極的に出会いを求めることが不可欠のようです。一度や二度で諦めず、人脈を広げて運命の相手を待ちましょう。

  • 【2】髪や服装をこざっぱりまとめ、無駄な贅肉はそぎ落とす

    「イケメンじゃなくても結婚できる奴は『雰囲気が好青年』なのだと気づいた」(20代男性)というように、容姿に自信がなくても見た目に気を配る必要はありそうです。肉体改造には時間がかかりますが、「清潔感」なら今すぐ取り入れられるでしょう。

  • 【3】コツコツ勉強して資格を取るなど、向上心を忘れない

    「真面目に昇級試験を受けるような男って、やっぱり手堅い結婚を求める女性には受けるんですよね」(30代男性)というように、前向きな男性ほど、「夫候補」に挙がりやすいかもしれません。派手なアピールポイントにはならなくても、堅実な女性の目には止まりそうです。

  • 【4】ギャンブルなど、女性を不安にさせる趣味をやめる

    「『婚活するなら、まず賭け事はタブー』と指摘されて、自分もやめなくては…と思った」(30代男性)というように、誰かとの将来を本気で考えるなら、ギャンブルは控えたほうがよさそうです。クリーンなイメージを築きたければ、すぐにでもきっぱりやめましょう。

  • 【5】結婚に妄想を抱くのではなく、現実的なヴィジョンを描く

    「『奥さんは自分の帰りを家で待っててくれて…』とか夢想してたけど、甲斐性がないとダメみたいですね」(20代男性)というように、これを機に、結婚観を見直すのもいいでしょう。友人のリアルな話に衝撃を受けても、現実を冷静に受け止めたいところです。

  • 【6】安定した収入を得るため、キャリアアップを図る

    「自分がのんきにしている間に、ほかの奴らが将来に向けて着々と準備していたとは…。完全に遅れを取った気分です」(20代男性)というように、「自分一人分の生計」しか頭にない男性が、生涯の伴侶として女性に見出される可能性は低そうです。いつ素敵な人が現れるかわからないので、先送りせず少しずつでも準備を始めましょう。

  • 【7】実家を出て、経済的にも精神的にも「親から自立した男」になる

    「『結婚したいなら独立すべき』とアドバイスされました。たしかにそうですよね」(20代男性)というように、居心地のいい暮らしを手放せば、否応なしに生活力が身につきそうです。本来の目的を見失って自由を謳歌しすぎないよう、しっかり自制しましょう。

  • 【8】容姿や年齢など、「理想の相手」に求める条件を緩める

    「『美人じゃなくても居心地のいい女と生きていくのが一番』と照れる友人を見て、こだわるのもよくないなと思った」(30代男性)というように、女性を「条件」で選別すると、本来の魅力を見落としてしまう可能性があります。視野を広げれば、出会いのチャンスも増えそうです。

  • 【9】日ごろから「結婚したい」という気持ちを周囲に公言する

    「結婚願望を触れ回っておくと、それなりに女の子を紹介してもらえるみたいで。自分も真似しようと思いました」(30代男性)というように、「相手を求めている」とアピールすると、幸運が舞い込むこともあるようです。「お薦めの人材」だと思われるよう、普段から信頼を高めておきましょう。

友人の結婚からヒントを得ることで、未来が開けるかもしれません。謙虚に見習って、自分もあとに続きましょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock