知りたくなかった…彼氏のスマホで見つけた「黒歴史」9パターン


スマホは個人情報の宝庫。何かの拍子に彼女に見られたらまずい情報を残している人も少なくないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に、「知りたくなかった…彼氏のスマホで見つけた『黒歴史』」をご紹介します。

  • 【1】実はナルシストなの?「大量の自撮り画像が保存されていた」

    「しかも、バリバリに加工していて『何に使ったの?』と怪しんだ」(20代女性)など、大量の自撮り画像があると、用途を追及されても仕方がないかもしれません。もし突っ込まれた場合は、「君をキレイに撮るための練習だよ」などと言って逃げ切りましょう。

  • 【2】ふだんはLINEの文章ですらそっけないのに…「赤面モノのポエムを書き溜めていた」

    「『あなたの長い髪にそっとキスして…』って、明らかに違う女に向けたポエムもあった」(10代女性)など、男のポエムほどトラブルを引き起こすものはないようです。言葉があふれて仕方がないなら、匿名のブログなどでこっそり発表するのがよさそうです。

  • 【3】好きなら好きで隠さなくてもいいのに…「アイドル画像専用のフォルダを作っていた」

    「ジュニアアイドル的な子が多くて、ロリコンかと引いた」(20代女性)というように、アイドルに夢中になるためには周到な隠蔽工作が必要かもしれません。あるいは、いっそカミングアウトして、自由に応援活動できる環境を整えるのもアリでしょう。

  • 【4】下心ありまくりで許せない!「いろんな女性に誕生日祝いのメッセージを送っていた」

    「大勢の女の誕生日を覚えていること自体、気持ち悪い」(10代女性)など、手軽にメッセージを送れるスマホだからこそ、覗き見対策は重要かもしれません。万一覗かれたときの対策としては、同じ量のお祝いメッセージを男友達にも送っておくという手もありそうです。

  • 【5】まさかとは思っていたけど…「SNSの裏アカウントでナンパしまくっていた」

    「ブロックされまくっていたけど、時々ノッてくる女もいて許せない」(20代女性)など、裏アカウントでのやりとりは完全にアウトになりそうです。「たまたまログインできた他人のSNS」などとシラを切り通す覚悟がないのなら、派手なナンパは自粛したほうがよさそうです。

  • 【6】そんなに自信があったの?と突っ込みたくなる「モデル事務所に応募していた」

    「むしろブサメンなので、その自信はどこから生まれるのかと問いただしたくなった」(10代女性)など、モデル事務所への応募はなかなかの黒歴史のようです。「友達が一緒に応募しようと言うので」というアイドルっぽい返しで乗り切りたいところです。

  • 【7】ただただ気持ち悪いとしか思えない「歴代彼女の性癖を細かく記録していた」

    「私も同じことをされるのかと思うと、一刻も早く別れようと決意した」(20代女性)など、エッチ方面の記録は誰も得をしないデータでしょう。彼女への言い訳も、「こういうエロゲーがあるんだよ」といった非常に苦しいものしかなさそうです。

  • 【8】「過払い金」「自己破産」ってどういうこと…!?「不穏なワードの検索履歴が残されていた」

    「明らかに消費者金融でお金を借りていて怖くなった」(20代女性)など、借金は男女間のトラブルの最大の原因かもしれません。完済していれば正直にそう告げ、借入中なら現実的な返済計画を説明しましょう。

  • 【9】えっ、子どもの写真ってどういうこと…!?「じつは既婚者だった」

    「同じ子どもと写っている写真が大量にあって、頭がパニックになった」(20代女性)というように、スマホチェックで既婚であることが発覚するパターンです。バレた場合は男らしく認めるしかありませんが、それ以前に、彼女には心から詫びる必要がありそうです。

「そもそもスマホを見るほうが悪い」と言ってしまえばそれまでですが、万が一ということもあります。「黒歴史」に心当たりがある人は、きちんと対策を講じたほうがよさそうです。(石原たきび)
Photo:All images by iStock