何が言いたいの?遠距離恋愛中の彼女を不安にさせる一言9パターン


遠距離恋愛中は、お互いの様子を近くで観察することができないだけに、些細なことがきっかけでよからぬ妄想を膨らませてしまうもの。彼女を不安にさせたくなければ、不用意な発言は慎んだほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に、「何が言いたいの?遠距離恋愛中の彼女を不安にさせる一言」をご紹介します。

  • 【1】「明日、何をする予定なのか教えて」とやたら状況を把握したがる

    「根掘り葉掘り探られて、信頼されてないのかな?とイラッときました」(20代女性)というように、彼女の行動を把握しようとしすぎて、反感を買うパターンです。様子を探りたければ、まず自分のほうから近況報告してみると、自然に相手の状況を聞けるでしょう。

  • 【2】「おかげさまで元気だよ」と彼女なしでも平気そうに振る舞う

    「私がいなくても大丈夫なんだ…って感じると、ちょっとガッカリ」(20代女性)というように、彼女と離れていてもまったく寂しそうなそぶりを見せないと、「私の存在って…」と疑心暗鬼にさせてしまうようです。男だからと変に強がるのはやめて、心細い気持ちを明かしたほうがいいかもしれません。

  • 【3】「飲み仲間が増えたよ」と人間関係の広がりを自慢する

    「知らない女と飲んでいるかも…と思うと、心穏やかではいられません」(20代女性)というように、遠い街で交友関係が広がることは、彼女にとって喜ばしいニュースではないようです。後ろめたいことがないとしても、わざわざ明かすのは得策ではないでしょう。

  • 【4】「遠距離なんて珍しいことでもないでしょ」と相手の寂しさを軽視する

    「ほかのカップルは当たり前のように一緒に過ごしたりしているのに…と悲しくなります」(20代女性)というように、二人が離れていることを軽く考えるのも、彼女を傷つけてしまうようです。折に触れて「寂しい想いさせてごめんね」と気遣う言葉をかけてはいかがでしょうか。

  • 【5】「そっちみたいに田舎じゃないし」と愛着のある街を悪く言う

    「上から目線で地元をバカにされるのは不愉快です」(20代女性)というように、彼女の住む街を悪く言うのも、二人の間に亀裂が入る原因になりかねません。「前の環境のほうが良かった」という話ならともかく、そうでないのなら比べないようにしましょう。

  • 【6】「なんでやねんっ!」とその土地の方言の影響を受ける

    「向こうの人になっちゃったのかな…と残念な気持ちになりました」(10代女性)というように、行った先の言葉がうつったことが原因で、気持ちが離れてしまったと錯覚させてしまうこともあるようです。彼女と電話するときは、イントネーションを切り替えたほうがいいかもしれません。

  • 【7】「じゃあまた連絡するね」とやりとりを早めに切り上げたがる

    「自分としゃべるのが面倒なのかな?と思います」(10代女性)というように、連絡を早く終わらせようとするのも、不安をあおってしまいそうです。せめて彼女の話が終わるまでは、じっくり耳を傾けるようにしましょう。

  • 【8】「忙しいから連絡減るかも」と自然消滅を予感させる

    「そうやってフェードアウトしていくのね…と予感しました」(20代女性)というように、多忙を理由に疎遠を正当化するのもまずいようです。むしろ忙しくてもできるだけ連絡をするのが、遠距離恋愛の鉄則ではないでしょうか。

  • 【9】「この街気に入ったわ!」と新しい環境に溶け込んでいることをほのめかす

    「そっちの暮らしに馴染みすぎると、帰ってこない気がして辛い」(20代女性)というように、新しい街を存分に楽しんでいる様子も、彼女を暗い気持ちにさせてしまうようです。どうせなら、「ここで一緒に暮らしてみたいね」と誘ってあげたいところです。

新しい環境を楽しむのはいいことですが、「離れていても変わらない自分」を見せていくことが、彼女の安心につながるのではないでしょうか。(外山武史)
Photo:All images by iStock