春のピクニックデートで「気が利くね」と思われるアイテム9パターン


ポカポカとよく晴れた春の休日は、彼女を連れて自然いっぱいの場所に出かけたくなるもの。ちょっとしたピクニックの際に用意しておくと「さすがだね!」と一目置かれるアイテムにはどんなものがあるのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「春のピクニックデートで『気が利くね』と思われるアイテム」をご紹介します。

  • 【1】薄いのにばっちり冷えを防ぐ「エマージェンシーシート」

    「NASAが開発したやつ、あれはすごく暖かい」(20代女性)というように、保温効果の高いエマージェンシーブランケットで彼女を寒さから守るパターンです。ただし、ぐるぐる巻きにすると蒸気が逃げずに汗が冷えてしまうこともあるので、使い方には注意が必要でしょう。

  • 【2】温かいコーヒーを淹れてほっこりできる「ガスバーナー」

    「ペットボトルのお茶より、淹れ立てのコーヒーが嬉しい」(20代女性)というように、アウトドア用のガスバーナーで温かい飲み物を提供するパターンです。扱い慣れていないと操作でもたついてしまうので、事前に近場の公園で練習しておきましょう。

  • 【3】あの鳥はなに?と盛り上がる「バードウォッチング用双眼鏡」

    「スマホばっかりイジってるより楽しいと思う」(20代女性)というように、双眼鏡で仲睦まじく遠くの鳥を観察するパターンです。しかし2人で「なんだろね」と言い合っているだけでは飽きてしまいそうなので、鳥類図鑑やガイドブックなども持参したいものです。

  • 【4】これさえあればどこでも焚き火ができる「マッチ」

    「焚き火って無条件にワクワクしますよね」(20代女性)というように、見ているだけで癒される焚き火用にマッチを持参するパターンです。火事に気をつけるのは言わずもがな、むしろ素人は火おこしに手間取ることが多いので、着火剤も用意しておきましょう。

  • 【5】紙コップじゃない心遣いが憎い「ワイングラス」

    「ワインは持っていきがちだけど、そこで紙コップじゃないグラスが出てくると気分が出る」(30代女性)というように、野外だからこそワイングラスで贅沢感を演出するパターンです。さすがにガラスは怖い場合は、アウトドア用のプラスチック製グラスもあるのでうまく利用しましょう。

  • 【6】女子の大敵・紫外線を防ぐ「日よけタープ」

    「手際よく日よけを作れてしまう人ってカッコいい」(20代女性)というように、タープで彼女の日焼けを防いであげるパターンです。ポールやロープ、ペグなどの道具さばきがキモなので、事前に練習しておいたほうがよさそうです。

  • 【7】スマホの電池切れも怖くない!「モバイルバッテリー」

    「1日中外にいると電池が切れるので」(20代女性)というように、モバイル電源で急なバッテリー切れにも対応するパターンです。火力や太陽光で発電するタイプを持って行くのも、目新しくてよいでしょう。

  • 【8】地べたを覚悟してたのに…「チェア&テーブル」

    「地べたにずっと座っているとけっこうつらいので…」(20代女性)というように、チェアやテーブルで野外活動をグレードアップさせるパターンです。とはいえ、ピクニックシートに座ったほうがイチャイチャするのには好都合かもしれませんので、ご判断は任せます。

  • 【9】このままキャンプとしゃれこんじゃう?「寝袋&テント」

    「このままずっといたいと思うこともあるので…(笑)」(20代女性)というように、寝袋とテントを隠し持って行って、宿泊キャンプになだれこんでしまうパターンです。ポイントは最初から持っていることをバラさないこと。クルマなどに隠しておき「じゃあ、泊まっていこうよ」と誘えば、サプライズ感があって喜ばれるでしょう。

いずれにせよ、彼女がどんな気持ちになるのか、あらかじめシミュレーションしてありとあらゆる要望に応えられるよう手配しておきましょう。(熊山 准)
Photo:All images by iStock