大学生活に彼女は重要!女子との出会いが多いサークル9パターン


大学生活の楽しさを大きく左右するサークル選び。女子の比率や活動内容によっては、すぐに彼女ができるなんてことも期待できそうです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に、「大学生活に彼女は重要!女子との出会いが多いサークル」をご紹介します。

  • 【1】好きなバンドの話で意気投合しやすい「音楽系サークル」

    「自分が好きなことなので、みんな熱いしノリが合う」(10代男性)というように、音楽系サークルだと、ウマの合う相手を見つけやすいかもしれません。複数の楽器を弾ける場合は、穴埋めでバンドメンバーに誘われる可能性もあるので、必然的に女子との出会いも増えるでしょう。

  • 【2】他大学の女子とも幅広く交流できる「インカレサークル」

    「夏はテニスで冬はスノボ、あとは飲み会とチャラいけど、とにかく人数が多い」(20代男性)など、パイの大きさは女子との出会いにおいても無視できない要素のようです。とくに女子学生が少ない学部に入学した際は、ぜひとも入部を検討したいところです。

  • 【3】意識高い系女子と真面目に付き合えそうな「ボランティアサークル」

    「社会問題について朝まで語り合ったりして、否が応でも関係性が深まる」(10代男性)など、何らかのボランティアに携わると、特別な絆が生まれそうです。泊まりがけで遠方に赴く機会があれば、非日常のシチュエーションがカップル誕生の舞台になるかもしれません。

  • 【4】同じ目標に向けて一体感が生まれる「資格取得サークル」

    「勉強方法のコツや試験問題の傾向など、情報交換するうちに仲良くなることが多い」(20代男性)というように、資格取得サークルのメンバーは、付き合いの密度がかなり高そうです。出会いのチャンスがあるうえに、就活に有利な資格も取得できるという、一挙両得のサークルだといえるでしょう。

  • 【5】オタクトークで盛り上がれる「アニメ研究サークル」

    「非オタの友達の前では隠しているけど、サークル内では素の自分を見せられる」(10代男性)など、アニオタ同士の結束は、そもそも非常に固いもの。地下アイドルとして活動したり、メイドカフェで働いている女子部員もいそうなので、かわいさのレベルは期待できるかもしれません。

  • 【6】留学生との出会いもたくさんある「国際交流サークル」

    「実際にかわいい中国人と付き合っている友達がいた」(20代男性)というように、「国際交流サークル」は、もともと異文化交流から始まるため、そこから恋愛に発展するケースも少なくないようです。日本文化を紹介するという名目で、気になるメンバーをデートに誘いやすいでしょう。

  • 【7】日々の練習を通じて仲間同士の絆が深まる「混声合唱サークル」

    「男子が少ないので狙い目だし、なぜか性格がいい女子が多い気がする」(20代男性)など、女子との出会いが目当てなら、「混声合唱サークル」は穴場的なサークルかもしれません。声でハーモニーを織りなすうちに、気持ちもぴったり重なり合って素敵な恋が生まれそうです。

  • 【8】とにかく美人学生が多い「アナウンス研究サークル」

    「ほぼ全員が美人で驚愕!」(20代男性)というように、美人が多いという点でハズレがなさそうなのがアナウンス研究サークルでしょう。交際に至るまでのハードルは高いものの、仲良くなった女子メンバーから友達を紹介してもらうなどの裏技も使えそうです。

  • 【9】舞台の上で恋愛シミュレーションができる「演劇サークル」

    「稽古で一緒にいる時間が長いし、いろんな表情を観察できる」(10代男性)というように、皆で様々な役柄を演じ分ける演劇サークルでは、ロマンティックな恋愛模様が生まれるようです。舞台上で絡みがある場合は、現実世界とリンクした展開が期待できるかもしれません。

のちのちの学生生活にまで影響を及ぼすサークル選び。これだと思ったところにいくつか入ってみて、様子を見ながら絞っていくのもよいでしょう。(石原たきび)
Photo:All images by iStock