気になる女性をほっこりさせるLINEの終わらせ方9パターン


気軽にやりとりを楽しめるLINEですが、その一方で、文字やスタンプだけでは細かいニュアンスが伝わらず、後味の悪さを残してしまう危険性も秘めています。なるべく気持ち良く会話を終わらせるには、どんなやり方があるでしょうか。そこで今回は、10代から20代の 独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「気になる女性をほっこりさせるLINEの終わらせ方」をご紹介します。

  • 【1】「まぶたを開けていられません!おやすみなさい」とおどけて眠気を訴える

    「『子どもかよ!』ってゲラゲラ笑っちゃいました」(10代女性)というように、眠さに負けてしまいそうなことをアピールする作戦です。眠そうな顔のスタンプを添えれば、ほっこりした印象を与えられるでしょう。

  • 【2】「今晩どんな夢見たか教えてね」と明日もLINEすることを約束する

    「またLINEで話せると思うと、素直に『おやすみ』って言えます」(20代女性)など、翌日に楽しみを残すのもうまいやり方です。「夢」というロマンティックなキーワードに照れてしまうなら、「明日はドラマの感想を聞かせてね」などと具体的な事柄を挙げるといいでしょう。

  • 【3】「明日早いんでしょ?そろそろ解放してあげるよ」と相手を気づかう

    「『決算前なんだよね。お疲れ様』と言われてじーんと来た」(20代女性)というように、あくまでも相手のためという大義名分があれば、スムーズに受け入れてもらえるようです。仕事の繁忙期や試験など、状況を察して使いたい戦術です。

  • 【4】「これうちのタロウ」と愛犬のブサイク写真を送って和ませる

    「自然と『うっわ、これはブサカワだわ。そんならおやすみー』って流れになった」(10代女性)など、リアクションが予想できる画像でトークを締めくくる作戦です。自分の変顔コレクションなどでも、同じように使えるでしょう。

  • 【5】「それじゃお風呂入ってきます(温泉マークのスタンプ)」と用事があることを告げる

    「『私もお風呂入ろ』って思わずシンクロしちゃいますよね(笑)」(20代女性)というように、次の行動に移る段取りを示せば、上手に区切りがつけられそうです。飾り気のない言葉を交わすことで、親密度がさらに増すかもしれません。

  • 【6】「寒いから風邪ひかないようにね」とあくまでも相手の健康への配慮を強調する

    「私のことを心配してくれているのがわかって嬉しかった」(20代女性)など、女性への心づかいを前面に出して、思いやりのあるところを見せつけるのもいいでしょう。「今、胃腸炎が流行ってるみたいだから」などと時事性を取り入れるのも一案です。

  • 【7】「おや睡眠」などとダジャレ系のスタンプでわざとスべる

    「親父ギャグには寒がってる女の子のスタンプを返すのが定番(笑)」(20代女性)というように、上手にボケて笑いを誘えば、相手に気を使わせない流れになりそうです。「夢でまた会おう」などと軽口をたたいて、そのまま会話を収束させてしまいましょう。

  • 【8】「ありがとう。楽しかった!」と感謝の気持ちを素直に伝える

    「なんでもないやりとりなのにお礼を言われたら、悪い気はしませんよね」(20代女性)など、奇をてらわずに真正面から気持ちを伝えるのも、心証がいいようです。「明日もお互いに頑張ろう」と前向きなコメントで締めれば爽やかさも倍増しそうです。

  • 【9】「早く終わりにしてくれないとイタズラしちゃうぞ!」とふざけ半分で脅す

    「爆笑しながら『終わりにしてほしいのはこっちのほうだよ!』って突っ込んじゃいました」(10代女性)というように、ジョーク交じりに会話を終わらせたい意思を伝えれば、軽いノリで返してもらえそうです。冗談が通じる女性には試してみましょう。

上手に言葉やスタンプを選べば、ぶっきらぼうな印象を回避できるだけでなく、相手に余計な返信の手間もかけさせずに済むようです。これぞというフレーズを見つけて、スマートに会話を締めくくりましょう。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock