好きになってくれた女子を敵に回すチョコの受け取り方9パターン


好みのタイプではないからといって、チョコをくれた女の子を冷たくあしらうのは考えもの。その本人だけでなく周囲の女子からも「最悪な男」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性80名に聞いたアンケートを参考に「好きになってくれた女子を敵に回すチョコの受け取り方」をご紹介します。

  • 【1】「サンキュ」と軽くお礼してあとは普段通りの態度をとる

    「ちょっとは驚いてほしいし、そこは『ありがとう』じゃないんでしょうか?」(10代女性)というように、義理チョコを受け取るような軽い態度でショックを与えるパターンです。自分を気にかけてくれたことに感謝して、少しくらいはかしこまった様子を見せましょう。

  • 【2】「お返ししなくてもいい?」と恥ずかし気もなくケチ発言する

    「ホワイトデーに期待しているわけじゃないのに…幻滅しました」(20代女性)というように、もらったそばから「お返ししない」と言い放つのは、あまりに無粋かもしれません。ひとまずそこは、「ありがとう」と笑顔で受け取るのが先ではないでしょうか。

  • 【3】「食べないけどいい?」とわざわざ失礼なことを確認する

    「なんでそんな傷つくことを平気でいえるのかなぁ…」(10代女性)というように、チョコを食べないことをあえて伝えるのは嫌がらせのようなものです。チョコが嫌いでもつべこべ言わず受け取って、次に会ったときに味の感想を述べるのが大人の振る舞いでしょう。

  • 【4】「高級チョコじゃないんかよー(笑)」と安物扱いする

    「何様のつもり…と思って気持ちも冷めました」(20代女性)というように、貰ったチョコが安そうだからと、あからさまにがっかりするのもまずいでしょう。もしそれが「照れ隠し」でも、女の子には通じない可能性が高いので、素直に感謝して受け取りたいところです。

  • 【5】「義理にしては気合い入ってるね」と本命だと知っていながらはぐらかす

    「意地悪ですよね。本当は性格悪いのかなって思いました」(20代女性)というように、たとえ冗談半分でも本命チョコを義理扱いするのは、相手を失望させそうです。判断がつかないものは、とりあえず本命だと思って、丁寧に受け取りましょう。

  • 【6】「俺は好きな子からしかもらわない」と「ありがとう」すら言わない

    「それは分かるけど、違う言い方があると思います」(10代女性)というように、好きじゃないからといって受け取りを拒否するのはやりすぎでしょう。せめてキツイ言い方を避けて、「ありがとう。ほかに好きな人がいるけど、いいですか?」くらい優しく尋ねてはいかがでしょうか。

  • 【7】「手作りチョコは指紋ついてそうで無理」と全力で拒否する

    「好きな人にバイキン扱いされてショックでした」(10代女性)というように、たとえ苦手でも「手作りチョコは無理」とはっきり告げるのは相手を傷つけてしまいます。どうしてもダメな場合も「ありがとう」と伝えて、一旦受け取ってからどうするか考えましょう。

  • 【8】「家族で食べるわ」と余計な一言を放つ

    「わざわざ言ってくれなくていいんですけど!」(20代女性)というように、もらったそばから自分一人で食べないことをバラすのは野暮というものです。本音はともかく「おいしくいただきます」と言ってあげるのが礼儀ではないでしょうか。

  • 【9】「甘いもの嫌いだから」といって受け取りもしない

    「わかったけど、なんか違う言い方なかったですかね…」(20代女性)というように、いくらチョコが嫌いでも、「だからいらない」と拒むのは子どもっぽすぎるかもしれません。家にいる甘いもの好きに食べてもらうなど、現実的な対処を考えましょう。

ドキドキしながら渡してくれた女の子の想いに応えるために、相手が本命じゃなくても、チョコレートが苦手でも、まずは「ありがとう」と感謝して受け取りたいものです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計80名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock