義理チョコをあげたつもりの男子が「本命」になった展開9パターン


「気になる女子からもらったチョコが明らかに『義理』だった」としたら、ガッカリして再起不能になりそうですが、そこで諦めてはいけません。「義理チョコをあげた男子と結局付き合ってしまった」という女子は意外と多いようなのです。そこで今回は、10代から20代の独身女性80名に聞いたアンケート調査を参考に「義理チョコをあげたつもりの男子が『本命』になった展開」をご紹介します。

  • 【1】思いのほか喜んでくれたので、胸キュンして付き合ってしまった

    「喜ぶ姿が可愛らしくて、そんなに私のことが好きなのかと感激した」(20代女性)というように、リアクションの愛らしさが決め手となったパターンです。「このパッケージだと義理だな…」と思ってもしっかり喜びを表現するとよいでしょう。

  • 【2】あまりにもお返しが豪勢だったので、申し訳なくなってしまった

    「コンビニチョコなのに、お返しが私の大好きなショコラティエの高級チョコだった」(10代女性)というように、気合いの入ったお返しが決め手となったパターンです。あまりに高価だと相手が引く可能性もありますが、やりきったほうが諦めも早くなりそうです。

  • 【3】義理だったのに、周りから囃したてられるうちにその気になってしまった

    「おしゃべりな友達に流された噂がいつのまにか既成事実に…」(10代女性)というように、外堀を埋められたことが決め手となったパターンです。誰も話題にしてくれないなら、友達を巻き込んで自分から発信してしまうのもアリかもしれません。

  • 【4】モテメンなので義理のつもりが、意外と競争率が低くて仲良くなれた

    「隠れファンが多そうだからダメ元だったんですけど、蓋を開けたら渡したのは私だけだった」(20代女性)というように、「瓢箪から駒が出た」的な流れが決め手となったパターンです。とりあえず女子には「唯一もらったチョコだよ」とライバルがいないことを伝えてみるとよいでしょう。

  • 【5】本命が不発に終わったら、義理の相手が慰めてくれて親密になった

    「弱ってるときに優しくされたら好きになっちゃいますよね」(10代女性)というように、彼女が撃沈したタイミングでのフォローが決め手となったパターンです。本命がいたからと言って諦めず、むしろ応援する側にまわったほうが恋の成就の早道となるかもしれません。

  • 【6】実は義理チョコをバラまいて感触の良い相手を見極めていた

    「本命だと重すぎるし、一人に絞るのもリスクが高いので、いろんな人にかまをかけてました」(20代女性)というように、罠に引っかかったのが決め手となったパターンです。各所にしかけた罠だと知っていても、騙されたフリをするといいでしょう。

  • 【7】お礼がてらに飲んでいたら流れで付き合っちゃう?ということになった

    「お礼が食事だったのも良かったですね。お酒が入って仲良くなってしまった」(20代女性)というように、義理チョコのお返しに飲みに行ったのが決め手となったパターンです。モノでお礼するのではなく、何かをご馳走しながらそこで自分の魅力をプレゼンするとよいでしょう。

  • 【8】相手が本命チョコだと勘違いして、ガチ告白されて結局彼氏になった

    「完全に斜め上の対応でしたけど、真剣だったので嬉しかった」(10代女性)というように、勘違いが決め手となったパターンです。この作戦で行くなら、多少バカなフリをして強引に話を展開させていくのがよいでしょう。

  • 【9】ねだられて仕方なく義理チョコをあげたつもりだったのに、だんだん意識するようになってしまった

    「たとえ義理チョコでも、相手のことは考えますからね」(20代女性)というように、存在を意識させたことが決め手となったパターンです。気になる女子には2月になったら「義理でもいいからチョコちょーだい」とリクエストしておくとよいかもしれません。

どんなきっかけにせよ、いかに相手に自分を男として意識させるかが鍵といえるでしょう。そのためには、恥も外聞も捨てて義理チョコをおねだりしておく必要がありそうです。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2015年10月7日から14日まで
対象:合計80名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock