男は誰しもエロ探究者!?超気持ちいい「俺のオナニー術」9パターン


一口にオナニーと言っても様々な方法があり、どうすればより気持ちよくなるかを試行錯誤しながら研究してきた方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回はどんなオリジナル法があるかを知るべく、20代から30代の独身男性に聞いた『スゴレン』独自の調査を参考に、「男は誰しもエロ探究者!?超気持ちいい『俺のオナニー術』」をご紹介します。

  • 【1】利き手ではない方の手で「他人の手」感を楽しむ

    「慣れていない方の手でやると、握ったときの違和感が新鮮でドキドキ(笑)」(20代男性)というように、普段とは違う手の感触により「女性に手コキされている」と錯覚できるという意見です。目をつむって行うと視覚的な邪魔も入らないので、さらに「他人にされている」感が増すのではないでしょうか。

  • 【2】爪にマニキュアを塗って「女子の手」風にする

    「こうすることでビジュアル的に『女性にされている』感を演出できるんですよ」(30代男性)というように、女性のオシャレの必需品をオナニーに流用するというツワモノも。大人の女性にしてもらいたければ濃い赤、若い女性にしてもらいたければピンクなど、色を使いわけることによって様々なタイプの女性にしてもらっている気分を味わえるかもしれません。

  • 【3】手の血流を滞らせて感覚を麻痺させ「他人の奉仕」感を満喫

    「自分で握っているという概念をいかに排除するかが大事」(30代男性)ということから、「されている感覚」を追求するなら血の流れをゆるやかにさせて麻痺した手で行うのがいいという意見も。血流を滞らせるには、オナニーする側の手首をもう一方の手で握る方法が手軽ですが、本格的に手の血流を止めてしまうと危険でもあるため、十分にさじ加減に注意して自己責任で行いましょう。

  • 【4】手を固定して腰だけ動かし疑似挿入感を味わう

    「本当にヤってるみたいな気分になるよ」(20代男性)というように、実際にピストン運動をすることで、よりセックスのリアリティを楽しむことができるとの意見もありました。正常位、騎乗位、バックのいずれの体勢でもできますが、精液が飛び散ると後処理が大変になってしまいますので、汚れてもすぐに洗えるバスタオルなどを敷いて行うといいのではないでしょうか。

  • 【5】前立腺を押してオーガズムを長持ちさせる

    「通常のオナニーよりも絶頂の時間が長くできる方法だと思います」(30代男性)というように、うまく前立腺を刺激することで、一瞬だけの男性のオーガズムがやや長持ちするという情報も。しかし、やりすぎると体が慣れてしまって快楽を覚えづらくなるとの説もありますので、「この方法は月に1回程度まで」など、自分ルールを決めておくといいかもしれません。

  • 【6】こんにゃくなどで作れる自作オナホールを使用

    「女性のアソコに近い感覚っていうのを体験してみたくてね」(30代男性)というように、手の感触に飽きた末に、リアリティを求めて工作活動をした経験がある男性も。大人になれば「TENGA」などのアダルトグッズを買うようになりますが、経済的に余裕のない中高生時代などに自作経験のある方が多いようです。

  • 【7】うつぶせでアソコをこすりつける床オナで快楽を得る

    「寝ながらできるから毎朝起き抜けにやってます」(20代男性)というように、ペニスと床の摩擦を使った手軽な方法を提案する男性もいました。強い圧迫感から通常のオナニーよりも高い快楽を得られると言われていますが、やりすぎることで膣内射精障害が起こると指摘している医師もいますので、やりすぎには注意が必要かもしれません。

  • 【8】電気マッサージ器で人力の限界を超えた振動を与える

    「手が疲れないのもいいですね」(20代男性)というように、オナニーですら機械まかせという層も一定数いるようです。じっくりイキたいときは「弱」、サクっとイキたければ「強」にするなど、気分によってワンタッチでその日のスタイルを決められるのも、手軽さを求める男性には魅力的なところなのかもしれません。

  • 【9】悟りを開いたような無動オナニーでジワジワと絶頂に達する

    「ゆっくりオーガズムに近づく感覚はスゴイ!」(30代男性)というように、手も腰も動かさずに、アソコを握って皮を強く剥いた状態で静止しているだけで射精できるという特殊な方も。しかし、よほど体が敏感になっているときでないと何時間かけてもイケないものでしょうから、長期の「オナ禁」明けのタイミングに試してみるといいかもしれません。

上記の方法に一通り挑戦し、もっとも自分に合うものを見つけてみてはいかがでしょうか。ですが、どれが気持ちいいと感じるかは人それぞれのようですので、他にも自身で色々と試してみてオンリーワンのオリジナル法を発見すると、一人エッチライフが何倍も楽しくなるかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock