デブも悪くない!?女子が喜ぶぽっちゃり男子のセックス9パターン


体型が太めな方は、女性と一夜を共にすることにコンプレックスを抱いているかもしれません。しかし、世のぽっちゃり好きの女性は、そんな「デブの男性」にしかできないセックスに魅力を感じているようです。そこで、今回は20代から30代の独身女性に聞いた『スゴレン』独自の調査を参考に、「デブも悪くない!?女子が喜ぶぽっちゃり男子のセックス」をご紹介します。

  • 【1】どっかりした大きな体に包容力を感じる

    「守られている感じがしてすごく幸せ」(30代女性)というように、肥満体型だからこそ男性の頼りがいを感じる、という女性もいました。ダボダボな服でごまかさずに、お腹周りを強調できるジャストサイジングのファッションを心がけると、ぽっちゃり好き女性に「すごくいい感じのボリュームね」と思わせムラムラさせられるかもしれません。

  • 【2】ふっくらと柔らかい手での愛撫が興奮する

    「おっぱいを掴まれるのも包み込まれている感じがして好き」(30代女性)というように、骨ばった細身の男性の手よりも、マシュマロのような手で愛撫をされたほうが温もりを感じるという女性も。乳房や局部だけでなく、全身をくまなく触ってあげることで、自身の持つ柔らかな感覚を相手に余すことなく伝えられるのではないでしょうか。

  • 【3】女性ばりにプニプニなおっぱいを舐めるのが楽しい

    「普通体型の男のおっぱいを舐めててもおもしろくないんだよね」(20代女性)とのことで、ぽっちゃり男性特有のおっぱいを責めたがる女性もいるようです。舐められたとき、吐息交じりに「あ…すごい…」など感じている声を出してあげると、女性はさらに欲情するかもしれません。

  • 【4】全身から湧き出る汗がすごくて濃密感が出る

    「愛し合ってるって感じがする」(30代女性)というように、汗ばんだ体同士を絡ませるセックスがいやらしい、と感じる女性の声もありました。エアコンで室内温度を高めるなどして、さらに汗が流れ出るように調節すると、より燃えるエッチができるかもしれません。

  • 【5】正常位で体重がアソコに乗って快感度が増す

    「その圧迫感で膣周りを刺激されるとガリ男とのエッチなんてできなくなる」(20代女性)というように、いわゆる「種付けプレス」をするのであればぽっちゃり男性が最適である、という声もありました。しかし、あまりに体重をかけすぎると、女性に息苦しさを与えかねないので、膝や手で適度に自身の体重を支えることを意識したほうがいいのではないでしょうか。

  • 【6】自分の体重を気にせずに騎乗位で激しく動きまくれる

    「男子に『重い…』って思われる心配が少ないのは女子として嬉しい」(20代女性)というように、大きな体の男性に乗るほうが女性も安心してダイナミックな動きができる、という意見もありました。乗られた際に「体軽いね。ちゃんと食べてる?(笑)」などと冗談めかして言ってあげれば、女性は一層、気を使わなくてすむようになるのではないでしょうか。

  • 【7】体位をあまり変えてこないのでラク

    「やっぱり体型的にキツイんだろうけど、コロコロ変えられるよりずっといい!」(30代女性)というように、体に負担がかかってさぼってしまう体位変更も、ぽっちゃり好き女性に対してはメリットになり得るようです。ですが、ただ面倒がっていると思われるとマイナス印象なので「僕って正常位が大好きなんだよね」など体位を変えない言い訳を用意しておくと、女性から不満を抱かれる確率を減らすことができるのではないでしょうか。

  • 【8】男性の下腹部の肉がクリトリスを刺激してくれる

    「クリバイブみたいな感じになる(笑)」(20代女性)というように、ぽっちゃり男性の体は手を使わずして膣とクリを同時に刺激することができる、という意見を持つ女性もいました。ただし、自身と女性の体の凹凸などがうまくハマったときにのみ与えられる刺激ですので、下腹部でクリトリスをこすることばかり考えていると、ピストンがおろそかになり女性を満足させられないという事態が起こってしまうかもしれません。

  • 【9】エッチ後、温もりがあってよく眠れる

    「プーさんとかトトロみたいでかわいい」(20代女性)というように、ぽっちゃり男性を抱き枕のようにして寝ることで安心感が得られるという女性もいました。ですが、シングルベッドでは女性を突き落としてしまう可能性があるので、一人暮らしでもここぞのときに備えてセミダブルベッドを購入しておくといいかもしれません。

意外にもぽっちゃり男性とのセックスには利点が多いということが、上記のアンケートの答えからわかったのではないでしょうか。自身の体型のデメリットばかりに目を向けるのではなく、客観的にメリットを分析し、活かせるようなプレイを心掛けるのがいいのかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock