AVを観るより興奮する!?オナニーで使える僕の鉄板妄想9パターン


ふとムラムラしてしまったけれど、手近に「オカズ」がない場合、妄想だけで自慰行為をすることもあるでしょう。そんなとき、どんなことを想像すればより興奮することができるのでしょうか。そこで今回は20代から30代の独身男性に聞いた『スゴレン』独自の調査を参考に、「AVを観るより興奮する!?オナニーで使える僕の鉄板妄想」をご紹介します。

  • 【1】好きな女子とのSMなどの凌辱プレイ妄想

    「あのコがそんな恥ずかしいことをするなんて…と考えるだけで興奮MAX!」(20代男性)というように、好きな女性をはずかしめる想像で自慰にふけるという意見も。現実でそんなことをしそうにないとわかっている女性を対象にし、頭の中で存分に乱れさせれば、リアルとのギャップが楽しめるのではないでしょうか。

  • 【2】好きな女子に逆レイプされる羞恥妄想

    「自分が責めるより襲われるほうが燃えます!」(20代男性)というように、現実ではあり得ないからこそ妄想の中では逆レイプされたい、との意見もありました。例えば「女性から誰もいないオフィスや学校の教室などに呼び出される」といった身近な場所を舞台にすることで、興奮の度合いも一層高まるのではないでしょうか。

  • 【3】初エッチを思い出して当時の興奮を再現妄想

    「やっぱり初めてのときが一番刺激的だったので」(30代男性)というように、完全なる妄想ではなくウブだった当時の衝撃を回想することをオカズとする男性もいるようです。初体験で失敗した人も、「あのとき、ああしておけば…」といった補足を加えれば、頭の中で理想の初エッチを創り上げることができるかもしれません。

  • 【4】好きなAV女優のプライベートセックスを妄想

    「実際にAVで裸を見ているから想像しやすい」(30代男性)というように、乳首の色や喘ぎ声まで知っている女性を妄想の対象にするという男性も。握手会やサイン会などで生の本人に会った後なら、なおのこと妄想に没入しやすくなるのではないでしょうか。

  • 【5】彼女が自分でオナニーしている姿を妄想

    「セックスでも見られない彼女の姿だからこそ想像のしがいがある」(20代男性)というように、「僕のことを考えて発情している彼女の姿」を想像することでリビドーを覚える男性もいるようです。もし理解のある彼女でしたら、「今日の夜8時にそれぞれの家で同時にオナニーしよう」と約束しておくと、また違った快楽を得られるかもしれません。

  • 【6】元カノが現在付き合っている男とセックスしている姿を妄想

    「その屈辱がそそる」(20代男性)というように、寝取られたからこそ高ぶる性的感情がある、という意見も聞かれました。元カノが「前の彼氏よりも全然気持ちいい!」とよがりながら責められている様子を想像するのも、寝取られ好きの男子にはいい燃料となるのかもしれません。

  • 【7】アイドルなど手の届かない存在とラブラブセックス妄想

    「実現度はかなり低い夢物語ですけど、最高のエロファンタジーになるはず(笑)」(20代男性)というように、テレビで活躍するアイドルや女優を対象にするという、ある意味で「最上級の理想」をオカズにするという男性も。例えば「人気女優が実は自分の幼なじみだった」、「人気アイドルが僕のクラスに転校してきた」などの設定をプラスすれば、妄想のバリエーションもかなり広がるのではないでしょうか。

  • 【8】歴代好きだった女子を集めて乱交レズプレイ妄想

    「今まで恋をした人全員の醜態が一堂に会すわけですからたまらないですよ」(30代男性)というように、異次元の乱交レズパーティーを想像するというツワモノも。また、「僕と歴代彼女5人の6Pを想像してヌイたことがあります」(20代男性)というように、自分も登場させてのハーレム妄想も最高だったという声もありました。

  • 【9】時間を止められる能力を手に入れて欲望発散妄想

    「子供の頃からこの妄想はずっとしてた」(20代男性)というように、時を止めて女性にいたずらする妄想は男性の憧れとも言えるようです。「堂々と女湯に入って隅々まで見物する」「スクランブル交差点の真ん中でエッチなことをする」といった非現実的なことも、自身の脳内だけにとどめた物語であれば許されるのではないでしょうか。

脳内は欲望をそのまま再現できるパラダイスのため、妄想オナニーを愛好する男性はかなり多いようです。普段、アダルトビデオといった視覚的なエロに頼りがちな男性は、あえて妄想オナニーにチャレンジしてみて想像力を養ってみてもいいのかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock