「イケメンでもこれはありえない!」と感じるオッサン行動9パターン


容姿がどんなに整っていても、中身が残念な男性は、モテとは縁遠くなってしまうもの。なかでも特にイケメンぶりを台無しにするのは、「オッサン臭い行動」かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性80名に聞いたアンケートを参考に、「『イケメンでもこれはありえない!』と感じるオッサン行動」をご紹介いたします。

  • 【1】メールの一人称に「小生」「小職」などの言い回しを使う

    「リアルで『小生』なんて書く20代を初めて見た。おじいさんが新聞の投書欄で使う用語のイメージ!」(20代女性)というように、言葉遣いの古めかしさから、年齢にそぐわない印象を与えてしまうパターンです。仕事のメールなどでかしこまった調子を意識するとしても、「わたし」と名乗るのが年相応かもしれません。

  • 【2】会話の随所にオヤジギャグをはさみたがる

    「よっこいしょういち…?もはや元ネタすら分かりません…」(10代女性)というように、むやみにオヤジギャグを繰り出すと、周囲の女性に困惑を覚えさせてしまうようです。『チャンネーがさー』などと素人が業界用語を多用するのも、痛々しいと思われるでしょう。

  • 【3】「濡れてるの?」と思うほどピッチリと髪をセットする

    「カッチリ決まりすぎた髪型って、不自然過ぎてむしろ笑っちゃう」(20代女性)というように、スタイルに気を使うのは大いに結構ですが、方向性を誤ると失笑を買ってしまいそうです。整髪料でセットするなら、ソフト系でエアリーに仕上げるのが無難でしょう。

  • 【4】「ふぅ…」と恍惚の表情を浮かべながらおしぼりで顔をふく

    「どこまでふくの…?目の前でされると視線のやり場に困ります」(10代女性)というように、おしぼりで手元以外の場所を清めるのは、女性に距離を置かれてしまう行動のようです。気持ちよいのは分かりますが、人前ではグッとこらえたいところです。

  • 【5】「ヘイックショーイ!」とありえないボリュームでくしゃみをする

    「普通にくしゃみしたらいいのに、なぜ大声で?コンチクショーとか独り言付きだともう最悪」(20代女性)というように、好き放題にくしゃみをする男性も、加齢を感じさせてしまうようです。生理現象は仕方がないとしても、せめて手で覆うなどの気遣いは必要でしょう。

  • 【6】クチャクチャと音を出しながらものを食べる

    「口にものが入っていても平気でしゃべるから、何かが飛んでくることも…。ありえない」(10代女性)というように、周囲への配慮を無視した「食べ方」は、本人が思う以上に問題視されているかもしれません。食事のマナーに自信がない人は、家族や親しい友人に一度チェックしてもらうとよさそうです。

  • 【7】「どうせ俺なんてさ…」と何かにつけて卑屈になる

    「『そんなことないですよ!』とフォローしなきゃいけなくなる雰囲気がイヤ」(20代女性)というように、必要以上に卑屈なセリフは、オッサンならではの悲哀を醸し出してしまうようです。ネガティブ思考に陥りがちな人ほど、意識して前向きな自分を維持しましょう。

  • 【8】食後につまようじで「シーハー」する

    「目の前でされるとちょっと…」(20代女性)というように、食後の「歯のお手入れ」も、場所と方法をわきまえないと、見る人を不快にさせてしまうようです。あとでお手洗いで行うか、それが無理なら口元を隠すのが最低限のマナーでしょう。

  • 【9】「カーッ、ペッ」と路上でタンを吐く

    「普通に汚いですよね。一緒に歩きたくない!」(20代女性)というように、どれほどのイケメンであっても、公共道徳のなさを感じさせる行為は女性に嫌悪感を抱かせてしまうようです。タンが絡むときはティッシュに出すなど、なるべくスマートに処理する方法を考えましょう。

「羞恥心のなさ」「見られている感のなさ」がオッサン臭いと見なされているようです。恋愛対象外になってしまう前に、女性の視線を意識して行動しましょう。(佐々木正孝)


【調査概要】
期間:2015年8月4日から11日まで
対象:合計80名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock