実は二股だったけど…今の彼氏を選ぶに至った最大の決め手9パターン


魅力的な女性であれば、二人の男性から同時に言い寄られることも少なくありません。その場合、どちらかを選ぶにあたって決定打となるのは、一体どんな要因でしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性109名に聞いたアンケートを参考に、「実は二股だったけど…今の彼氏を選ぶに至った最大の決め手」をご紹介します。

  • 【1】誰にでも同じ態度で接する「性格のよさ」

    「他人に優しくできるかどうかとか、人間として基本的な部分って案外大事です」(20代女性)というように、「性格のよさ」が決め手になるケースです。好意を抱いている女性への態度だけでなく、周囲の人たちにも親切に接することができるかどうか、日頃から見られていることを意識しましょう。

  • 【2】自分の短所もありのまま受け入れてくれる「包容力」

    「私のことをまるごと認めてくれる人がいい」(10代女性)というように、細かい欠点を意に介さない「包容力」に惹かれる女性は多いようです。好きな人には自分の価値観を押し付けたりせず、長所も短所もひっくるめて受け入れてあげましょう。

  • 【3】安定した仕事を長く続けている「経済力」

    「将来を考えたらお金は大事。ちゃんと稼いでいることは必須です」(20代女性)というように、現実的な条件として「経済力」を重視する人もいます。収入の多さというよりも、一人の社会人として堅実に生活しているかどうかが判断基準となるでしょう。

  • 【4】一緒にいても疲れず、リラックスできる「自然体」

    「二人きりのデートで緊張する相手とは続かない」(20代女性)というように、無理せず過ごせる男性こそ、恋人にふさわしいという意見です。デート中は相手をよく観察し、どんな気持ちでいるのか想像しながらエスコートしてあげましょう。

  • 【5】絶対に暴力を振るったり、大声で怒ったりしない「穏やかな物腰」

    「仮にイケメンでも野蛮な人とは付き合えません!」(20代女性)というように、暴力性を微塵も感じさせない「穏やかさ」が決定打になることもあります。ひどいトラブルの渦中にあっても態度を崩さない落ち着きがあれば、女性を心から安心させてあげられそうです。

  • 【6】結婚を前提として真剣な交際をしてくれる「誠実な姿勢」

    「遊び半分の相手とダラダラ付き合うのは時間がもったいない」(20代女性)というように、二人の将来を真面目に考えることを含めた「誠実さ」も問われるようです。浮気をしないのは当然約束するとして、軽い気持ちの恋愛ではないことをしっかり伝えましょう。

  • 【7】仕事に意欲的で、日頃から努力を惜しまない「向上心」

    「ポジティブで努力家な人がいい。一緒に成長していけそう」(20代女性)というように、いつも前向きに行動できる「向上心」が、まぶしく映ることもあるようです。ひとりの人間としてリスペクトされる男をめざせば、おのずと女性の気持ちもついてくるでしょう。

  • 【8】いつでも自分のことを一番大切に考えてくれる「深い愛情」

    「私のことを誰よりも優先して、特別扱いしてくれる人がいい」(10代女性)というように、どんなときでも自分を最優先してくれる男性を選ぶ人もいます。なりふりかまわぬ愛情表現で、「自分にとって一番大事な存在であること」を示しましょう。

  • 【9】この先も長く一緒にいられると直感できる「価値観の一致」

    「人生において『何が大切か』を共有できる人なら、長く一緒にいられそう」(20代女性)というように、あらゆる意味での「価値観の一致」を重視する女性もいます。何もかも合わせるのは無理でも、「一番大切なこと」を一致させるのは決して難しくはないでしょう。

一瞬で燃え上がる恋なら「ルックス」が決め手になるかもしれませんが、じっくり考えて結論を出す場合、決定打となるのは、やはり内面の魅力のようです。いざというとき選んでもらえる男になるには、人間性を磨くことが一番でしょう。(佐藤碧彦)


【調査概要】
期間:2015年6月2日から9日まで
対象:合計109名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock