見た目ではなく行動で「雰囲気イケメン」を目指す方法9パターン


「雰囲気イケメン」になろう!と、見た目に気を使う男性は多いもの。ファッションセンスやスタイルのよさもたしかに重要ですが、振る舞いや発言がカッコよければ、「あの人、雰囲気いいよね!」と女性の目を引くことができるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性98名に聞いたアンケートを参考に「見た目ではなく行動で『雰囲気イケメン』を目指す方法」をご紹介します。

  • 【1】とにかくさわやかな笑顔で「おはよう」とあいさつする

    「憂鬱な月曜の朝とかに明るくあいさつされたら、『いい人だなあ』って好感が持てます」(20代女性)というように、すがすがしい表情は、誰からも好まれそうです。わざとらしい笑顔にならないよう、「自主トレ」してから披露するといいでしょう。

  • 【2】「重そうだから俺が持つよ」と女性のために力仕事を買って出る

    「ぶっきらぼうだけど助けてくれる…みたいな、男の子っぽい優しさにキュンとくる!」(10代女性)というように、腕力を見せつけるのも効果的でしょう。自慢げに力を発揮するのではなく、それとなく手を差し伸べるのがスマートかもしれません。

  • 【3】キャンプやBBQなど、グループで遊ぶときはムードメーカーになる

    「つまんなそうなイケメンより、『みんなで盛り上がろう!』って楽しんでる男性のほうが断然カッコいいです」(10代女性)というように、「集団の中での立ち位置」も重要なようです。リーダータイプでないなら、細やかな気遣いを見せるとよさそうです。

  • 【4】女性と目が合ってもオロオロせず、明るい表情で見つめ返す

    「視線が合ったくらいできょどっちゃう人は『イケメン』とは言えないかも…」(10代女性)というように、女性の前では「堂々とした態度」が好まれるようです。アイコンタクトに気をよくして口説きにかかると警戒されそうなので、大胆な行動は慎みましょう。

  • 【5】女性の髪型や服装の変化に敏感に気づき、さりげなく褒める

    「『今日のネイルも凝ってるね』と言われて、よく見てるなあ…と嬉しくなった」(20代女性)というように、褒め上手な男性もポイントが高そうです。とはいえ、だれかれ構わず賞賛すると「チャラ男認定」されそうなので、ターゲットは絞ったほうがいいでしょう。

  • 【6】子どもや動物と無邪気に戯れる

    「通りすがりの猫とかにメロメロになってるのを見ると『優しそうな人!』って思っちゃう」(10代女性)というように、子どもや動物に愛情深く接すると、「性格のよさ」を感じてもらえるようです。子ども好き、動物好きなら、照れずに表に出してよさそうです。

  • 【7】キザだと思われない程度に、レディーファーストを心がける

    「ドアを開けて待つとか、彼女以外の女性にも自然にできる男性ってカッコいいですよね」(20代女性)というように、「女性への気遣い」も忘れてはならないでしょう。相手の反応を見ながらエスコートのレベルを上げていけば、「やりすぎ」を避けられそうです。

  • 【8】女性の話に楽しそうに耳を傾け、絶妙な間合いで相づちを打つ

    「実際付き合うことを考えたら、『聞き上手』は容姿以上に大事なイケメン要素だと思う」(20代女性)というように、気持ちよく会話できる男性も、注目されそうです。家族や男友達を相手に訓練を積んでおけば、女性と話す機会に成果を発揮できるかもしれません。

  • 【9】落ち込んでいる女性にそっと寄り添い、人知れずフォローする

    「相手の優しさに気づいた途端、その人が誰よりもカッコよく見えてきそう!」(10代女性)というように、思いやりにあふれた男性は、見た目にかかわらず魅力的に映るようです。優しく見守りながら手助けすると、「ちょっとステキかも…」と思ってもらえそうです。

行動で「雰囲気イケメン」を目指すことは十分可能なようです。女性をときめかせる振る舞いを繰り出すのがポイントでしょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年6月30日から7月7日まで
対象:合計98名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock