演技じゃない!女性がエッチで「本当にイッたとき」の特徴9パターン


好きな女性とのエッチで、彼女のことを思えばこそ、きちんとイカせてあげたいと思う方は多いのではないでしょうか。しかし女性側は、男性の気持ちを理解しているがために、つい「イッたように演じてしまう」ことも少なくないのだそうです。そこで今回は20代、30代の女性に聞いた「演技じゃない!女性がエッチで『本当にイッたとき』の特徴」を紹介します。

  • 【1】イク直前、あえぎ声の音程が高くなる

    「『かわいく声を出す』なんて気を使ってられないから超音波みたいな声が出ることも(笑)」(20代女性)というように、リアルに絶頂を迎えている瞬間のあえぎ声は制御できない女性もいるようです。同じように、「近所迷惑になるんじゃ…」と心配になるほどあえぎ声のボリュームが大きくなっている女性も、本当にイク直前なのかもしれません。

  • 【2】イク前後、足に力が入りつま先までピンと伸びている

    「イク瞬間は力が入るので。寝バックで突かれてるときは特に伸びちゃう」(20代女性)というように、エクスタシーによって湧き上がるエネルギーが足先に出てしまうという女性も。正常位をしている際、女性がつい手に力を入れ過ぎて男性の背中に痛いぐらい爪を立ててきたとしたら、それもイク前後の特徴と言えるのかもしれません。

  • 【3】イク前後、鳥肌が立っている

    「いくら上手に演技してもさすがに鳥肌までは出せないよね(笑)」(30代女性)というように、自分の意思でコントロールすることができない鳥肌という現象が、イッたかどうかの判断材料になるという意見もありました。だからと言って、「鳥肌が立ってないから演技だ」というわけではないので、女性にあらぬ疑いを掛けぬように注意しましょう。

  • 【4】イク瞬間、呼吸が止まって無言になる

    「私の場合、本当に絶頂を迎えた瞬間は集中しすぎて無呼吸になってるみたい」(30代女性)というように、気持ちよさがピークに達しているときは息をしていないという女性もいました。イッた後、まるで全力疾走したかのように呼吸が荒くなっている場合も、きちんとイケた証拠なのかもしれません。

  • 【5】イッた後、膣が収縮して締まりがよくなる

    「寒い日に体が縮こまるような感じで膣がギューッとなるんですよ」(20代女性)というように、急にアソコの締まりが強くなったと感じた場合は本当にイッてくれた可能性が高そうです。ただ、わざと膣を締め付けて男性にイッたと思わせるさらに上手(うわて)の女性もいるそうですので、この見極め方を妄信しすぎるのも禁物なのかもしれません。

  • 【6】イッた後、太ももなどがけいれんする

    「それまで全身に力が入っていて、一気に脱力する反動で震えちゃうんだと思う」(30代女性)というように、太ももなどの膣に近い部位がけいれんしている場合も本当にイッているのかもしれません。女性が自分の意思で震えさせているのとは違い、けいれんしている場合は非常に小刻みな振動になりますので、そこが見極めるポイントになるのではないでしょうか。

  • 【7】イッた後、放心状態になるので話しかけても返答できない

    「頭が真っ白になってるので言葉が脳みそまで届かない(笑)」(30代女性)というように、一時、思考回路が停止してしまうほど放心してしまうという意見も。女性が自分の口からよだれが垂れていることにも気づけないほど「心ここにあらず」状態の場合は、さらに信憑性が高いのかもしれません。

  • 【8】イッた後、頬が紅潮する

    「顔が火照って熱でボーッとしちゃうのかも」(20代女性)というように、イッた後はともすれば風邪の初期症状のように上気するという女性も。ただしイッていなくても顔が赤くなる女性もいますので、これだけでエクスタシーを迎えたかどうかは判断しにくいかもしれません。

  • 【9】イッた後、男性が手マンやピストンを続けようとすると拒否する

    「男の人も発射した後のアソコを触られると嫌がるでしょ?それと一緒」(20代女性)というように、イッた直後の膣は敏感になりすぎているため刺激を与えられたくないという女性もいるようです。行為中の甘えた声ではなく、焦ったようなトーンで「ちょ、ちょっと待って、動かさないで」などと言ってきた場合は、本当にイッた証拠なのかもしれません。

イク前後は「男性からかわいく見られたい」といった配慮もできないほど快楽の海に溺れているため、なりふり構っていられなくなり、見ようによってはみっともない振る舞いをしてしまう女性も少なくないようです。ですから、仮に女性がかわいいと思えないような言動をしていたとしても、本当にイッてくれたからこそ見られる姿なのだと考え、その姿さえも愛おしく思えるようになれるといいのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock