好みの子がいないからって露骨すぎ!合コン中のNG行動9パターン


そのとき集まったメンツによっては、テンションが上がらない合コンもあるかもしれません。とはいえ、それを顔や態度に出すのはマナー違反でしょう。そこで今回は10代から20代の独身女性118名に聞いたアンケートを参考に「好みの子がいないからって露骨すぎ!合コン中のNG行動」をご紹介します。

  • 【1】女性陣と対面するなり苦笑いを漏らす

    「目を合わせた瞬間に吹き出すなんて失礼ですよね」(10代女性)というように、レディの顔を見て笑うのは、当然ながらご法度のようです。笑いながら目を逸らすと余計に失礼なので、そのままスマイルをキープして、「陽気キャラ」で合コンに臨んではいかがでしょうか。

  • 【2】開始早々、男同士で内輪ネタを話し出す

    「帰りの電車で話しなさいよ!と言いたくなります」(20代女性)というように、女の子と親交を深めることを放棄して、内輪ネタに走るのもマナー違反でしょう。「話してみたらめちゃくちゃ面白い」「見た目はともかく性格がモロ好み」など、合コンが楽しくなる可能性に賭けたほうが自分も楽しめそうです。

  • 【3】女の子に話しかけられてもスルーする

    「勇気出して話しかけたのに…悲しいです」(10代女性)というように、女の子からのアプローチにつれない態度を取るのもまずそうです。周りが騒がしくて気づかないケースもあるので、無視することにならないよう、常に気を張っておきたいところです。

  • 【4】30分も経っていないのに「もう帰りたい」と言い出す

    「『どこかで飲み直したい』とか、どんだけワガママなんだと思います」(20代女性)というように、本音はともかく、「つまらないから帰る」と口に出してしまっては、駄々っ子のようだと思われても仕方がないでしょう。女性陣と幹事のメンツを保つ意味でも、黙って着席するのが無難かもしれません。

  • 【5】下を向いて黙ったまま携帯をイジり続ける

    「やる気のなさが伝わってきてただただ不快です」(10代女性)というように、女の子に興味がないからといって携帯を触ってばかりいるのも、人間性を疑われてしまうようです。スマホ中毒の自覚がある人は、連絡交換タイムまで電源をオフにしておいたほうがいいかもしれません。

  • 【6】「元を取る!」とばかりに飲み食いに集中する

    「好みの子がいないんだろうけど…小さい人だなぁって思いますね」(20代女性)というように、「色気より食い気」も度が過ぎると、卑しい人物として見られてしまうようです。そのうえ飲み過ぎて前後不覚になったら、もう次から呼ばれることはないでしょう。

  • 【7】「お笑い芸人の○○に似ているね」と女の子に意地悪なたとえを使う

    「『蚊に似てる』なんて言って女子を泣かせて何が面白いんだろうと思いました」(20代女性)というように、初対面の女の子を笑い物にするのは、さすがにやりすぎかもしれません。とにかく、女の子を「かわいくない何か」にたとえるのは避けたほうがいいでしょう。

  • 【8】「うーん、幹事に任せる」とすべてに投げやりになる

    「見ててムカつくし、幹事君も気の毒に思えてきます」(20代女性)というように、やる気がないからと何もかも人任せにする態度は、好意的には見られないようです。本音は「どっちでもいい」だとしても、「今日の気分はこっち!」などと軽いノリでチョイスしていくとその場をしのげるでしょう。

  • 【9】「今日はワリカンでいいんじゃない」とレジで提案する

    「収穫がなかったから出し渋るなんて、ケチすぎるでしょ」(20代女性)というように、合コンの成否をお金に換算するのは、あまりに品位に欠けるかもしれません。「会計にケチをつけるセコイ男」などと不名誉なレッテルを張られたくなければ、気持ちはどうあれさっとお金を出したいところです。

好みの子がいない合コンでこそ、人間性が出ると言っても過言ではないでしょう。そのことを頭に入れて、テンションの上がらない合コンをどう乗り切るか考えたいものです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2015年5月7日から14日まで
対象:合計118名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock