友達に「俺もあの子が好き」と言われたときのリアクション9パターン


友情と恋愛の板挟みになったら、誰でも戸惑ってしまうもの。友達に「俺もあの子が好きなんだけど」と言われてしまったら、どのように対処するのが正解なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性123名に聞いたアンケートを参考に「友達に『俺もあの子が好き』と言われたときのリアクション」をご紹介します。

  • 【1】「マ、マジか…」とひたすら驚愕する

    「まったく予想してなかったら、絶句するしかないですよね…」(10代男性)というように、とっさのリアクションを思いつかない人は多いようです。ある意味、自然な反応だともいえるので、友情を取るか恋愛を取るか瞬時に判断できない場合は、相手の出方を待ってもいいでしょう。

  • 【2】「あっそう。ところで話は変わるけど…」と無関心を装う

    「サラッと受け止めて、冷静になるための時間を稼ぐ」(20代男性)というように、その場しのぎの対応をして、気持ちを落ち着かせるのもよさそうです。そのままスルーし続ける手もありますが、なんらかの返答をしたほうが友達として誠実かもしれません。

  • 【3】「わかるー!かわいいもんな!」と無邪気に女性を讃え合う

    「険悪になりたくないから、その子の話題で仲良く盛り上がる!」(10代男性)というように、友達をライバルではなく「同好の士」だと考えて、友好関係を保つのもいいでしょう。ただし、どちらかの想いが募った途端にバランスが崩れる可能性は高そうです。

  • 【4】「俺が前から好きだったの、知ってるだろ!」と非難する

    「一応、言いたいことはその場でぶつけますね」(10代男性)というように、腹に一物を抱えているより、即座に本音を吐き出すほうがマシだと考える人もいます。お互いとことん言い合えば、意外な落としどころが見つかるかもしれません。

  • 【5】「いつから?きっかけは?」と根掘り葉掘り尋ねる

    「実は友達のほうが先に好きになってたかもしれないし、現状を把握したい」(20代男性)というように、今後の方針を決める前に、情報収集するのもよさそうです。相手の言い分を聞いた上で自分の考えを述べれば、お互い感情的にならずに済むでしょう。

  • 【6】「もう今まで通りにはいかないな…」と友情の危機をほのめかす

    「カマをかけて『友達関係が壊れても構わない!』って顔をされたら、受けて立つまでです」(20代男性)というように、相手の意向を探ると、自然な成り行きが見えてくるかもしれません。友達も決めかねているようなら、話を一旦保留してもいいでしょう。

  • 【7】「俺とあの子、けっこういい感じなんですけど」と先制攻撃する

    「その子を本気で手に入れたいなら、先手を打つべし!」(20代男性)というように、友達がライバルだと判明した瞬間から、全面対決の姿勢を見せるのもアリでしょう。攻めの一言を繰り出せば、自分の考えを表明するまでもなく「宣戦布告」できそうです。

  • 【8】「頼む!あの子のことは諦めてくれ!」と懇願する

    「お願いしても仕方ないだろうけど、自分の必死さは伝わると思う」(10代男性)というように、恥を忍んだ行動に出ることで、想いの強さをわかってもらう方法です。身を引かせることはできなくても、友達として誠意を持って対峙してもらえるでしょう。

  • 【9】「恨みっこなしで正々堂々と戦おう!」と互いの健闘を祈る

    「やっぱり友達だから、卑怯な手は使いたくないし使ってほしくない!」(20代男性)というように、最初の取り決め次第で、信頼関係を保ちながら競い合うこともできそうです。最後まで「男の約束」が守られれば、どんな結末になろうとお互い納得できるでしょう。

「俺もあの子が好き」と告白した時点で、友達はすでに次の一手を考えているかもしれません。もしもの事態を今のうちにシミュレーションしておけば、不本意な展開を防げるでしょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年6月2日から9日まで
対象:合計123名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock