芋を食べたあとにオナラをした女子を助ける方法9パターン


「焼き芋」といえば、食欲の秋に女子が好む食品の代表格ですが、たくさん食べると困った生理現象を起こすのが難点です。紳士たるもの、たとえ目の前で爆発事故が起こっても乙女心を傷つけないようなリアクションを心掛けたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性95名に聞いたアンケートを参考に「芋を食べたあとにオナラをした女子を助ける方法」をご紹介いたします。

  • 【1】「人間だもの!」と、仕方がない生理現象として扱う

    「無言でスルーされるより、気持ちがラクになる」(10代女性)など、被害者みずから「無罪」を告げて、「犯人」の罪悪感を払拭してあげるパターンです。判決を出したあとは下手にイジって笑いを誘うよりも、さっさと話題を変えてあげるのが紳士の振る舞いではないでしょうか。

  • 【2】「超かわいいんですけど!」と、恥ずかしがる顔を褒める

    「人前で屁をこいたのに、最終的に嬉しくなりそう」(20代女性)など、意表を突いた「褒め殺し」作戦なら、乙女のプライドを守ってあげられそうです。すでに相手との信頼関係が築けているなら、「臭いまで愛しいぜ!」などとディープな愛情を示すのもアリでしょう。

  • 【3】「俺もしたかったんだよね」と、負けずに爆音のオナラを発射する

    「ビックリして、先に自分がしたことを忘れられそう」(10代女性)など、大放屁をかぶせてしませば、小放屁のインパクトを吹き飛ばせるかもしれません。「はい、俺の勝ち!」とドヤ顔を向けるなど、あえてバカキャラを演じて男の優しさを匂わせましょう。

  • 【4】「今日鼻づまりだから大丈夫!」と、臭わないことを伝える

    「『くせっ!』とか言われたら最悪」(20代女性)など、正直に臭いの感想を言っても傷つけるだけなので、「鼻づまり」という優しい嘘で安心させる手もあります。「どのみち君のは無臭だろうけど」などとフォローを入れて、清らかなお姫様として扱ってあげましょう。

  • 【5】「ガス爆発だ!逃げろー!」と、彼女の手を取って走り出す

    「楽しげに移動を促してくれると嬉しい」(10代女性)など、オナラを「事故」として扱い、一緒に現場から立ち去れば、気まずい空気を変えることができそうです。どさくさに紛れてキスをするなど、非常事態を逆手に取って距離を縮めてしまいましょう。

  • 【6】「悪いのは芋だから!芋のバカ!」と、芋に責任をなすりつける

    「『わざとじゃない』ことを代弁してくれているみたいで、優しいと思う」(20代女性)など、芋を悪者扱いして乙女の味方になってあげる作戦です。「でも、おいしいから許す!」などと、最終的には芋にも優しさを見せれば暖かなムードを演出できるのではないでしょうか。

  • 【7】「地味だなー。もっと豪快にしなきゃ!」と、ダメ出しをする

    「器が大きいリアクションで笑顔になれそう」(20代女性)など、発射されたオナラに「物足りなさ」を示せば男の度量をアピールできそうです。「もっと芋を食べて俺をビックリさせてみろ」と挑発して、オナラごときで気を使わない関係を築きたいところです。

  • 【8】「俺、葬式でオナラしたことある」と、自分のオナラ失敗談を語る

    「さりげなく自分の話にすり替えてくれると助かる」(10代女性)など、自分の恥ずかしい思い出を語れば、オナラをした女子の気持ちを軽くしてあげられるかもしれません。「オナラをしたあとに、好感度が上がるセリフは何だと思う?」と、スゴレン的な議論に持ち込むのも一興です。

  • 【9】「君とオナラで笑い合える家庭を作りたい」と、愛の告白をする

    「タイミングが意外すぎて一生忘れられないと思う」(20代女性)など、相手のピンチに乗じて熱い気持ちを伝えてしまうパターンです。動揺させることに成功したら、「今から夜景でも見に行かない?」などとロマンチックな提案をして、どんどん自分のペースに持ち込んでしまいましょう。

目の前の女子がオナラをしたという非常事態に、機転の利いた対応ができれば男としての評価が上がります。自分に合った対応を普段からシミュレーションしておきましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2015年4月10日から17日まで
対象:合計95名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock