観光地は長蛇の列…彼女のイライラを吹き飛ばす一言9パターン


レジャーシーズンの繁忙期には、観光地はどこに行っても「行列待ち」がお決まりです。そんな過酷な状況に置かれたときこそ、待ち時間の苦痛を和らげるようなセリフで彼女を包み込んであげたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性285名に聞いたアンケートを参考に「観光地は長蛇の列…彼女のイライラを吹き飛ばす一言」をご紹介いたします。

  • 【1】「待てば待つほど、特別感が増えるね!」と、待ち時間の長さを喜ぶ

    「何事も楽しい方向に考える姿勢に感動!」(20代女性)というように、人ごみを逆手に取った前向き発言で彼女を喜ばせるパターンです。「ガラガラだと不安になるしね」などと笑顔で混雑を肯定してハッピーな空気を作ってあげましょう。

  • 【2】「女性の大群がいるのに、君がいちばんキレイだ!」と、彼女の美しさを褒める

    「おバカっぽい発言だけど、彼氏に言われたらうれしい」(10代女性)など、行列に並ぶその他大勢の女性はノロケの材料として使えるかもしれません。人ごみではぐれないように手を握るなど、混雑した状況を活かしてラブラブムードを演出したいところです。

  • 【3】「このあとに何をするか、作戦会議しようぜ!」と、次の楽しみを探す

    「生産的な提案をされると、『大人だな』と思う」(20代女性)など、待ち時間を有効活用できると、彼女に一目置かれそうです。混雑で予定が狂ったときこそ、臨機応変に実行できるプランをササッと調べて「男の仕事力」を見せつけてやりましょう。

  • 【4】「しりとりで負けたほうがランチ奢りね!」と、ゲームを提案する

    「飽きさせないように頑張ってくれるんだと思うと癒される」(10代女性)というように、ミニゲームを仕掛けることで優しさをアピールするパターンです。彼女に余計なストレスを与えないように、ゲームにはわざと負けてあげたいところです。

  • 【5】「とりあえず写メ撮ろうぜ!」と、ツーショット写真を撮りまくる

    「かわいく撮ってくれたら、気分が紛れるかも」(20代女性)など、行列待ちを写真撮影タイムに当てれば彼女の怒りを沈められるかもしれません。美肌モードや連写機能を使いこなして「奇跡の1枚」を撮ってあげれば、どんなに待たされても満足してもらえるでしょう。

  • 【6】「疲れたでしょ?おんぶしてあげよっか?」と、体力的な余裕を見せつける

    「頼もしさを感じて、穏やかな気分になれそう」(10代女性)など、彼女がいつでも甘えられるように、男の強さを見せておくのもイライラを和らげるかもしれません。「待ってる間はバッグ持つよ」と荷物持ちを申し出て、なるべく彼女の負担を軽くしてあげましょう。

  • 【7】「お互いに今だけは、あくび解禁ね!」と、リラックスを促す

    「気を使わない空気を作ってくれるとうれしい」(10代女性)というように、あえてグダグダモードに入ることで彼女の気疲れを防ぐパターンです。気を抜いていると見せかけながら、「トイレは大丈夫?」と要所で気遣いを見せれば評価が上がるのではないでしょうか。

  • 【8】「あと15人!あと14人!もうすぐだよ!」と、順番がくるまでカウントダウンする

    「彼氏が盛り上げ上手だと待ち時間も苦にならない」(20代女性)など、行列の状況をハイテンションで実況すれば彼女に楽しんでもらえそうです。いざ自分たちの順番が来たら、料理やアトラクションをオーバーに褒めるなど、とことん特別感を味わわせてあげましょう。

  • 【9】「疲れてるのに、今日は一緒に来てくれてありがとね」と、感謝の気持ちを示す

    「自分も疲れてるはずなのに、お礼を言われるとやる気が出る」(20代女性)など、意表を突いて彼女の日頃の疲れを労えば、テンションを上げてもらえるかもしれません。「君と一緒なら待ち時間も嬉しいよ」とどさくさに紛れて愛情をアピールすれば、きっと輝くような笑顔を返してもらえるでしょう。

混雑した観光地では、男としての余裕や包容力が試されるようです。せっかくのデートを台無しにしないように気合を入れて挑みましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2015年3月14日から21日まで
対象:合計285名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock