「セックスって素敵…」と処女に思わせる大人のエッチテク9パターン


初体験での苦い思い出から、セックスが好きではなくなってしまう女性も少なからずいるようです。では、バージンが相手の場合、どのようなプレイをしてあげるのがいいのでしょうか。そこで、今回は20代、30代の女性へのアンケートをもとに、「『セックスって素敵…』と処女に思わせる大人のエッチテク」をご紹介します。

  • 【1】恥ずかしがる女子が多いので電気を消す

    「自分の裸を男に見られたことがなかったから恥ずかしいに決まってる」(20代女性)というように、照明を暗くして体が見えないようにする気遣いができると、女性は少し安心するようです。それでも薄明りで見えてしまっていることを彼女が恥ずかしがるようなら、「キレイな体だね」などと声をかけてあげれば緊張も和らぐかもしれません。

  • 【2】血が出ても大丈夫なようにバスタオルを敷く

    「ベッドに赤い染みができてテンションが下がった記憶がある」(30代女性)という事態を防ぐため、シーツの上にタオルなども重ねるのがいいという意見も。行為後はそこで二人で寝るわけですから、自分や彼女の部屋はもちろん、ラブホテルなどでもベッドを汚さないように注意してあげると、女性には「デキる男」と映るのかもしれません。

  • 【3】体臭が気にならないようベッドイン前にお風呂に入れさせてあげる

    「部屋に二人きりになるなり抱きつかれて、『ちょっと待って!』って心の中で叫んだ」(20代女性)というように、一日過ごして汗ばんだ体のまま女性を抱こうとする行為は、ややデリカシーに欠けるのではないでしょうか。「ちょっと仕事のメールを返さなくちゃいけないから、ゆっくりお風呂入ってていいよ」などと声を掛けてあげて、気兼ねなくお風呂でくつろぐ時間を作ってあげるといいかもしれません。

  • 【4】勢いでしたと思わせないため行為前の飲酒は控えめにする

    「朝になって男が昨日のことを覚えてないとか言い出して、超ムカついた」(20代女性)というように、酔って記憶のない男性に処女を奪われて喜ぶ女性はいないのではないでしょうか。女性の緊張をほぐしてあげる意味でもお互い多少のお酒を飲む分には問題ないので、悪酔いしないように酒量をセーブする配慮が必要なのではないでしょうか。

  • 【5】音楽で雰囲気を盛り上げるためにBGMを流す

    「当時の彼氏が私たちに思い入れのある曲を流してくれて、すごくテンションが上がった」(20代女性)というように、音楽で雰囲気を作ると女性の気持ちも盛り上がることがあるようです。相手との思い出の曲がない場合、ロックなどの激しい曲は避け、ムーディーなバラードなどを選曲すると無難かもしれません。

  • 【6】コンドームで避妊することをきちんと伝えて安心させる

    「ゴムを着けてくれるかどうか不安で、ペッティングの段階から気が気じゃなかった」(20代女性)という意見もありましたので、ベッドインしたらすぐに「コンドーム着けるからね」と言ってあげるといいのかもしれません。手持ちのコンドームがないようならば、行為を始める前にコンビニに買いに行くなどするのが紳士的な振る舞いなのではないでしょうか。

  • 【7】しっかりと濡らすため愛撫やキスといった前戯を長めにする

    「初めて挿れるときは相当濡れてないと痛すぎて入らないから」(30代女性)というように、相手が初めての場合は、普段よりも入念に前戯をしてあげる必要がありそうです。もし相手があまり濡れない体質の場合は、ローションを使ってなるべく痛みを感じないような配慮をしてあげるといいかもしれません。

  • 【8】体位は密着感があり初心者でも安心な正常位を中心にする

    「初めてで騎乗位やバックなんて無理。恥ずかしいしやり方わからないから」(20代女性)というように、羞恥心や技術的な問題から初めての女性に正常位以外の体位を求めるのは酷だという意見です。正常位でも男性側の上半身を起こした体勢や、上半身を倒して密着させた体勢などバリエーションがありますので、正常位の中で変化を付けてあげるといいのかもしれません。

  • 【9】行為後はすぐに服を着ずに余韻に浸る

    「『早く服着ちゃって』って言われて、なかったことにしたいのかなって悲しくなった」(30代女性)という気持ちにさせないため、しばらくは裸のままイチャイチャタイムを設けるのがいいのかもしれません。エッチ後に裸で抱き合っている時間が一番幸せを感じるという女性も少なくありませんので、時間の許す限り裸でいてもいいのではないでしょうか。

初体験は一生の大事な思い出になるはずですから、最高の形になるようにサポートしてあげる心がけが必要なのかもしれません。ですが、相手が処女だからと身構えすぎてしまうと女性は逆に引け目を感じてしまうので、あくまでも自然体で、さり気なく気遣うことが重要なのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock