非モテっぽいのに実はモテちゃう男の「キャラ」9パターン


自分よりモテなさそうな風貌なのに、彼女が途切れたことのない男友達に心当たりはありませんか。非モテっぽく見えても女子ウケは悪くない男性には、どんな秘密があるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に「非モテっぽいのに実はモテちゃう男の『キャラ』」をご紹介します。

  • 【1】口下手で大人しいけど、「実は聞き上手」

    「黙って悩みや世間話を聞いてくれる人って安心しますよね」(20代女性)というように、寡黙ながら懐が深いところが評価されているパターンです。女性の長話には、ついつい口を挟みたくなってしまうものですが、グッとこらえるのが吉と心得ましょう。

  • 【2】キモオタだけど、「知識が豊富で一目置かれる存在」

    「その道を究めた人はどんな見た目でもカッコいいと思う」(10代女性)というように、典型的なオタクであっても、突き抜ければ尊敬されることもあるようです。寝食も忘れて好きなことに突き進む一途な姿勢が、かえって恋を呼ぶのかもしれません。

  • 【3】男らしさが足りないけれど、「いやらしさがない」

    「いわゆる草食系男子なんですけど、そのほうが気を張らずに付き合える」(20代女性)というように、ギラついたところがない男性も、居心地がよいと思われるようです。汗臭い努力が苦手なタイプなら、徹底して欲を削ぎ落としてみると、渋い魅力が際立ちそうです。

  • 【4】薄毛だけど、「面白いキャラで親しみやすい」

    「ハゲをネタにできるくらい吹っ切れていると、逆に素敵」(20代女性)というように、薄毛でも堂々としていて面白い男性は人気を集めるようです。逆に言うとハゲネタは鉄板なので、それで笑いを取れないようではモテへの道は険しいでしょう。

  • 【5】背が低いけど、「自信たっぷりで引っ張ってくれる」

    「人間が大きいと身長の差なんて関係なくなる」(20代女性)というように、低身長でもぐいぐいと女性をリードする男性は、男としてのスケール感を逆に強調できるようです。小柄だとどうしても存在感が薄くなりがちなので、普段から「やりすぎ?」というくらいの勢いでアピールしたほうがよいでしょう。

  • 【6】ガリガリで頼りないけど、「母性本能がくすぐられてほっとけない」

    「私が抱いたらポキッと折れてしまいそうだけど、そこがいい(笑)」(20代女性)というように、繊細すぎて面倒を見てあげたくなる男性も女性の庇護意欲を刺激するようです。音楽やアートなど芸術方面の趣味を持つと、文化の香りが漂い始め、ただの軟弱男とは一線を画することができそうです。

  • 【7】ブサイクだけど、「その分、浮気しなさそう」

    「童貞をこじらせてるとアレだけど、マジメで優しければニーズはある」(20代女性)というように、恋愛に縁がなさそうなところが、むしろ真面目に見えるパターンです。恋愛で傷ついてきた女性ほど逃げ込んでくる可能性があるので、迎え入れる懐の広さを磨いておきましょう。

  • 【8】根暗だけど、「ひねくれた発言がいちいちユニーク」

    「常に後ろ向きなんだけど、それゆえの皮肉や冗談が面白い」(10代女性)というように、ネガティブだけど社交性があり、ウイットに富んだトークで女性を魅了しているケースです。笑いと愚痴の絶妙なバランスを会得するには、まずしっかりとした客観性を身につける必要があるでしょう。

  • 【9】太っているんだけど、「めちゃくちゃオシャレ」

    「デブなのにオシャレ番長だったりしてあなどれない」(20代女性)というように、体型がいまいちでもトータルではオシャレな雰囲気を維持している男性は、女性にリスペクトされるようです。いきなりファッションは極められないという場合も、まずは清潔感からとりかかってみてはいかがでしょうか。

長所と短所は表裏一体と言うように、非モテ要素でもとらえようによっては、モテ要素につながるようです。あらためて自分のコンプレックスと向き合って、使える武器になるかどうか探ってみてはいかがでしょうか。(熊山 准)
Photo:All images by iStock