男子がやりがちな「夏休み明けの失敗イメチェン」9パターン


長期休み中にイメージチェンジを企む男性は多いもの。しかし、上手に遂行しないと「どうしたの?」とツッコミを入れられるだけで終わってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性96名に聞いたアンケートを参考に「男子がやりがちな『夏休み明けの失敗イメチェン』」をご紹介します。

  • 【1】茶髪を飛び越えて金髪に染める

    「やりすぎやりすぎ!(苦笑)」(20代女性)というように、健康的な黒髪から金髪へのジャンプは、どんな女性でもギョッとさせるようです。かなりキレイめのファッションでまとめないと柄が悪く見えてしまうので、センスに自信がなければ自然な茶髪にしたほうが無難でしょう。

  • 【2】ジャラジャラとアクセサリーをつける

    「ホストみたいでなんかイヤです」(20代女性)というように、アクセサリーをつけすぎるのも、お洒落初心者にありがちな失敗でしょう。チャラく見えるか、ダサくなる可能性が高いので、アクセにかける予算を服に回したほうがいいかもしれません。

  • 【3】ひ弱な体つきのまま肌だけ日焼けサロンで焼く

    「一体どこを目指しているのか疑問」(20代女性)というように、ワイルド系への憧れから肌を焼くと、体とのアンバランスさが笑いを誘ってしまうようです。本当に男らしく見せたいなら、鍛えて筋肉をつけるほうが先ではないでしょうか。

  • 【4】ピアスの穴をいくつもあける

    「売れないバンドマンのイメージ」(20代女性)というように、多すぎるピアスの穴に対して、女性は奇抜な印象しか抱かないようです。モテ系を狙ってのイメチェンなら、ピアス穴は1つか2つが限界だと肝に銘じておきましょう。

  • 【5】眉毛を極端に細く整えて脱色する

    「ヤンキーみたい。細すぎはダメ!」(10代女性)というように、わざとなのか失敗なのか、眉毛の処理を誤る男性は多いようです。今は自然な太眉が流行で女性ウケもいいもの。キレイめの男性ファッション誌を参考に整えれば間違いがないでしょう。

  • 【6】無精ひげを伸ばしてワイルド系になる

    「似合わない人もいるから何とも言えない」(20代女性)というように、せっかくひげを生やしたところで、どうしても「似合わない人」もいるようです。髪型とのバランス問題でもあるので、美容院で相談するのが成功への近道ではないでしょうか。

  • 【7】ハットやストールなど小物でお洒落を気取る

    「『頑張りました!』って感じで見ているほうが恥ずかしい」(20代女性)というように、小物づかいは上級者でも難しいので、素人が手を出すと火傷するかもしれません。小物を買い足すよりもベースとなる服を充実させたほうが、イメチェン効果はありそうです。

  • 【8】流行の髪型をガチガチに作り込む

    「時間かかってる感じの髪型はイタいかも」(10代女性)というように、自然体を好む女性にとって、手を掛け過ぎたヘアは評判が悪いようです。実際のスタイリング時間はさておき、「無造作っぽく見える髪型」を美容室でオーダーしてはいかがでしょうか。

  • 【9】目立つ場所にダサいタトゥーを入れる

    「そんなキャラじゃないでしょうが…」(20代女性)というように、タトゥーを入れる「やりすぎイメチェン」は、女性をドン引きさせるようです。簡単には消せないことを考えると、勢いで入れるものではないので、せめて女友達などに相談して、反応を見て考えましょう。

基本的には不自然な感じがする「やりすぎ」なイメチェンが不評なようです。イメチェンのつもりが「イタい」と思われてしまっては元も子もないので、一発逆転を狙わず少しずつ変えていきましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年4月10日から17日まで
対象:合計96名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock