男にはわかりづらい「浴衣女子がやめてほしいこと」9パターン


浴衣姿の彼女と一緒に、花火大会や夏祭り会場をそぞろ歩く。デートとして最高のシチュエーションですが、ここで一歩踏み込んだ気配りがないと、怒りを買ってしまう危険があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性314名に聞いたアンケート調査を参考に「男にはわかりづらい『浴衣女子がやめてほしいこと』」をご紹介します。

  • 【1】浴衣と並ぶにはあまりにもミスマッチな格好でやって来る

    「別に浴衣を着てとまでは言わないけど、ヘビメタTシャツで来た日は引いた」(20代女性)というように、あまりにも浴衣とバランスが取れないファッションで現れるのは、配慮に欠けているようです。少しでも彼女の気持ちに寄り添うなら、リーズナブルな甚兵衛などを着るとよいでしょう。

  • 【2】どうやってもまたがれないのにバイクで迎えにやってくる

    「結局、私だけ電車で向かって現地集合ということに…」(10代女性)というように、浴衣だとどうなるのか、想像力がなさすぎるのも問題のようです。「男だからよくわからなかった」では済まされないので、自信がない人はあらかじめ彼女に「俺、何か注意したほうがいいことある?」と聞いておきましょう。

  • 【3】準備が大変なのに、「遅い!」とイライラする

    「着付けなんて慣れてないし、トイレに行くたびに整え直すのが大変なのに!」(10代女性)というように、浴衣ならではの手間暇に理解がなさすぎるのは、呆れられてしまうようです。基本的には「予定通りに進まない」と覚悟しておいたほうが、夏祭りを楽しめるかもしれません。

  • 【4】スタスタといつもの歩幅で進む

    「普段のスピードで歩かれると追いつけない!」(20代女性)というように、浴衣の歩きにくさを考慮しないのも、イラッとされてしまいそうです。和装だと足さばきが不自由なだけでなく、履き慣れない草履や下駄には鼻緒ずれがつきものなので、とにかく気遣いが求められるでしょう。

  • 【5】たこ焼きなど浴衣が汚れそうな食事を選ぶ

    「もちろん食べてみたいんだけど、浴衣にソースが付いたら大変!」(20代女性)というように、浴衣を汚してしまいそうな屋台メシは、御法度かもしれません。また、ベンチがかき氷のシロップなどで汚れていることがあるので、休憩するときは注意を払ってあげましょう。

  • 【6】せっかく浴衣なのにファストフードや洋食で済まそうとする

    「なんか風情がないなとがっかりします」(20代女性)というように、和のテイストと正反対のディナーを選んで、雰囲気をブチ壊しにしてしまうケースです。せめてお座敷がある店を選ぶと「わかってるな」と株があがるかもしれません。

  • 【7】トイレの場所を把握せずに花火の場所取りをする

    「めちゃくちゃ遠くて、結局花火がほとんど見られませんでした」(10代女性)というように、トイレスポットの確保は最優先事項のひとつかもしれません。もっとも、どこも混んでいるのが夏祭りの常なので、「意外と空いているトイレ」を案内できるだけでも、感謝されるでしょう。

  • 【8】下にあまり着ていないからと体を触りたがる

    「そりゃ、すき間だらけだし暗がりも多いですけど幻滅しますね」(20代女性)というように、浴衣姿の彼女が色っぽいからといって、大胆な行動に出るのはまずそうです。ひとまずチューやハグまでに留めておきましょう。

  • 【9】お互い着付けができないのに脱がせようとする

    「どうやって帰れというの!って感じです」(20代女性)というように、一度脱がすと元に戻せないのにホテルに誘いたがるのも考えものです。自分で着付けができない彼女との浴衣デートが決まった時点で、エッチは絶望的だと肝に銘じましょう。

浴衣デートでは、「おもてなしの心」が求められると考えたほうがよさそうです。いっそのこと、自分も浴衣や甚兵衛で夏祭りを純粋に楽しんでしまうとよいでしょう。


【調査概要】
期間:2015年2月9日から16日まで
対象:合計314名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock