既読スルーも当然!?女子が無視したくなるLINE9パターン


LINEで気になる女の子にお近づきになりたいとき、怖いのは既読スルー。それならいっそ無視されやすいメッセージを「反面教師」として参考にしてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性279名に聞いたアンケートを参考に「既読スルーも当然!?女子が無視したくなるLINE」をご紹介します。

  • 【1】特に親しくもないのに、「唐突にデートに誘うLINE」

    「『いきなり!?』って感じ。悪くない相手でも返信に悩みます」(20代女性)というように、いきなりのお誘いLINEで、女の子を困らせてしまうパターンです。まずは仲良くなってから、「行きたい場所」「したい遊び」を探るような、段階的なアプローチを検討したいところです。

  • 【2】何が言いたいのか真意がまったくわからない「スタンプを連投するLINE」

    「本人的には面白いかもしれないですが、絡みづらいです」(20代女性)というように、スタンプだけで会話をしようとしても、意味不明だと思われて、既読スルーされてしまう場合があるようです。面白いと思ったものでも出し方を考えましょう。

  • 【3】受け取るほうからすると意味不明な「ポエム風LINE」

    「長文ポエムがきたらそっと閉じます」(20代女性)というように、想いを込めた詩的な文章も、大多数の女の子にはドン引きされてしまうようです。夜寝る前に高ぶる気持ちを抑えきれずに書いたものなどは、朝まで寝かせておくと「やっぱやめとこ」と冷静な判断ができるかもしれません。

  • 【4】こちらは無反応なのに「真夜中に『会いたい』と勝手に盛り上がるLINE」

    「思い込み激しそうで怖いです」(20代女性)というように、夜中に情熱的なLINEを送るのも、恋人未満の女の子を怖がらせてしまうようです。「今すぐに会いたい」系のメッセージは、正式にお付き合いして、ラブラブな関係になるまで温存しておきましょう。

  • 【5】ギャグ要素もない「あからさまに下ネタなLINE」

    「下着の色とか聞いてどうするの?」(20代女性)というように、直球の下ネタを送って、女の子に敬遠されるのはよくある話のようです。冗談交じりだったとしても、LINEだとそのニュアンスが伝わりにくいので、シモ系のトークはなるべく控えるのが無難でしょう。

  • 【6】政治や社会について「自分の主張を一方的に述べるLINE」

    「『厳罰に処したほうがいい!』とかニュースにコメントしてて、超ウザいと思いました」(20代女性)というように、時事ネタに関する持論の主張も、女の子には嫌がられてしまうようです。社会派キャラとして受け入れられているなら別ですが、そうでないならやめておきましょう。

  • 【7】会ったこともない上司の悪口を聞かされても反応に困る「仕事の愚痴のLINE」

    「下手に慰めたら調子に乗りそう」(20代女性)というように、不平不満を込めたLINEを、快く受け止めてくれる女の子は稀かもしれません。仕事の愚痴を表に出しても「デキる男」には見えないので、いっそ非公開のところに書いて発散してはいかがでしょうか。

  • 【8】「朝から暇すぎるよー」など、「どうでもいい報告のLINE」

    「ヒマヒマかまってちゃんは鬱陶しいです」(20代女性)というように、一方的な近況報告を受けたところで、女の子はその情報の扱いに困るようです。大きな仕事を終えたタイミングなど、充実した時間の報告なら何かしらのリアクションがあるかもしれません。

  • 【9】「今何してるー?」と聞かれても…「無邪気に近況報告を求めるLINE」

    「もし、相手が彼氏だったとしてもウザい」(10代女性)というように、むやみやたらに、女の子の近況を探ろうとするのも嫌われる原因になりそうです。「何してる?」に限らず、疑問形のLINEメッセージを頻繁に送るのは控えましょう。

送る側が思っているよりも、受け取る側は冷めているものなので、そのギャップを踏まえてLINEを送るようにすれば、既読スルーは半減するかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2015年3月14日から21日まで
対象:合計279名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock