男たちの「良かれ」が裏目に!?女子が69を嫌いな理由9パターン


お互いの体を逆さにして重ね合わせ、男性が女性のアソコを愛撫し、女性が男性のアソコを愛撫する69。積極的にやりたいプレイに挙げる男性は多いですが、実は69に対して消極的な女性は少なくないようです。そこで今回は20代、30代の女性に聞いた「男たちの『良かれ』が裏目に!?女子が69を嫌いな理由9パターン」を紹介します。

  • 【1】客観的に想像すると格好が無様すぎるから

    「体が上下に重なり合うあの姿……冷静になればなるほど恥ずかしさが倍々に……」(30代女性)というように、69の体勢が嫌で気持ちよさを感じる余裕もないという意見です。その場合は、男女が横になってお互い愛撫しあう体勢の69であれば、女性もそこまで格好悪さを感じずにすむかもしれません。

  • 【2】そもそもクンニされたくないから

    「不衛生な気がするし、臭いがしちゃうかもしれないのも気になる」(20代女性)というように、69以前の問題で自分のアソコを舐められたくないという意見です。基本的なことですがまずシャワーを浴びてもらい、清潔になった体であればクンニ嫌いの女性も69を受け入れてくれるかもしれません。

  • 【3】フェラに集中できず彼を気持ちよくさせてあげられないから

    「自慢のテクを100%の状態で披露できなくなるので(苦笑)」(30代女性)というように、自分のアソコをイジられながらだと男性を存分に満足させられないという意見です。その場合は最初にフェラをしてもらい、「めちゃくちゃ気持ちいいよ、すごく上手だね」と彼女のテクニックを絶賛してからであれば、女性も快く69に移行する気になるかもしれません。

  • 【4】体勢がきついため疲れるし足がつりそうになるから

    「気持ちよさよりも辛さの方が勝っちゃう」(30代女性)というように、快感を得るための行為で快感が得られない状態になるプレイだという意見です。男性が上側になる69にすれば、あまり女性の体に負担のかからない姿勢になるため、いいかもしれません。

  • 【5】上側になると男性に体重をかけないようにと気にしてしまうから

    「体重は女子が一番気にするところ。それを悟られないように必死(苦笑)」(20代女性)というように、女心的に男性へ重みを感じさせてしまうことに抵抗があるという意見です。「もっと密着したいな。全然重くないから思いっきり力抜いていいよ」と伝えてあげれば、女性の心配も少しはやわらぐかもしれません。

  • 【6】お尻の穴をまじまじ見られていそうで嫌だから

    「トイレで用を足す部分なんて……ガン見されたら死にたくなる!」(20代女性)というように、アソコ以上にお尻の穴を見られることの方に羞恥心を感じるという意見です。部屋を真っ暗にしてから69に誘導すれば、女性もそこまでの恥ずかしさを感じなくなるかもしれません。

  • 【7】お互いの顔が見えないため愛情を感じにくいから

    「私は男の人の感じてる顔を見るのが好きなんですよ」(30代女性)というように、エッチに精神的なつながりを求める女性にとっては、あまりメリットのないプレイだという意見です。69で顔を見せ合うことは難しいですが、「おかしくなっちゃうぐらい気持ちいいよ」「大好きな君にこんなに気持ちよくしてもらって幸せ」など、愛情あふれる言葉をたくさんかけてあげると、彼女も69を好きになってくれるかもしれません。

  • 【8】プレイ後、キスをするのにためらいを感じてしまうから

    「ぶっちゃけ、なんか汚らしくないですか?」(20代女性)というように、互いの性器を舐め合った唇を重ね合うことに抵抗があるという意見です。手の届く位置に水やウェットティッシュを置いておき、69を終えた後すぐに口をきれいにできるようにしておけば、女性も心置きなく69もキスもできるかもしれません。

  • 【9】69中に男性からされる手マンが痛くてしょうがないから

    「きつい体勢で無理にアソコに触ってこようとするから……」(20代女性)というように、仮に普段の手マンが上手い男性でも、69をしながらだと下手になるケースが多いという意見です。無理な体勢でアソコを触る際は、「痛かったらすぐに言ってね」などと伝えておけば、女性も遠慮なく痛みなどを申告しやすくなるのではないでしょうか。

恥じらい、体への負担、生理的嫌悪など女性が69を拒否したい理由はさまざま。それでも69をしたいというのであれば、今回の9項目で嫌がる女性がいるという可能性を考慮した上で、清潔感に気を遣ったり部屋を暗くしたりするなど、できる限りの対応をしておくといいのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock