「中折れ」が発生しても一晩を乗り越える方法9パターン


素敵な女性とのエッチの最中であっても、お酒の飲み過ぎや精神的な事柄が原因で発生してしまう「中折れ」。行為中に勃起状態から通常状態に戻ってしまうことを言いますが、なかなか再起がはかれずに頭を抱えている男性も少なくないようです。そこで今回は20代、30代の男性読者に聞いた「『中折れ』が発生しても一晩を乗り越える方法」をご紹介します。

  • 【1】半立ちの状態でもとりあえず挿入する

    「とにかくもう一度入れてしまえばなんとかなる!」(30代男性)というように、多少強引でもプレイを続行するという意見も。たとえば中折れしてしまった際のピストン運動よりも、1.5倍速の腰の動きでアソコに刺激を与えていくと復活の兆しも見えるかもしれません。

  • 【2】一回休憩してDVD鑑賞をする

    「息子の方も疲れているはずなので休息が一番」(30代男性)というように、一度冷静になってブレイクをとるという意見も。そして鑑賞中でも「彼女の肩を抱いて観る」や「沈黙を作らない」といった女性へのケアを怠らないようにすれば、再びベッドインしたタイミングでも温かく接してもらえるのではないでしょうか。

  • 【3】フェラでもう一度元気づけてもらう

    「実は女性のアソコよりも気持ちよかったりするから」(20代男性)など、意外と女性器よりも敏感にアソコが快感を感じ取ってくれるという意見も。どうしても反応が鈍い場合は「ソフトSMプレイに切り替えてもいいかな?」と許可を取ったうえで、彼女の頭をしっかりと掴み少し激しめに上下運動をしてもらうといいかもしれません。

  • 【4】キスや胸を触ってイチャイチャモードに切り替える

    「童貞時代みたいにエッチの初心を取り戻せるよね」(30代男性)など、精神面でも敏感だった若い頃の気分に帰り体力的にも復活を計る、という意見も。「ゆっくりと相手の胸を触る」など初体験を思い出しながら行うと、自然とパワーも回復するのかもしれません。

  • 【5】前戯からやり直してムラムラを甦らせる

    「脳内をリセットするイメージでやるとGood!」(30代男性)など、盛り上がった一夜をもう一度初めからやり直すというメソッドも有効的なようです。「愛撫に時間をかけて彼女を悦ばしながら時間を稼ぐ」という方法もありかもしれません。

  • 【6】好きなアイドルとのエッチなどを密かに脳内妄想する

    「緊急事態だからオナニー的でもしょうがないでしょ(泣)」(30代男性)というように、今、目の前にいる女性を悦ばしてあげるために頭の中だけで憧れの女子を抱くという意見も。もしも室内が明るい場合は真っ暗にしてから行為を再開すると、想像力もよく働いてくれるかもしれません。

  • 【7】素直に謝り、手や口を使ってパートナーに尽くす

    「また別の機会もあるし、タイミングによっては彼女に奉仕してあげるのも悪くありません」(30代男性)など、次回につなげるために女性をうんと気持ちよくさせてあげるという意見も。「いつもは恥ずかしくてお願いできなかったことがあったら今夜は言ってみてね」と、とことんリクエストに答えてあげると彼女の快感もひとしおでしょう。

  • 【8】徹底的に体を舐めてもらって精力を充電する

    「愛撫からは特別な力が伝わってきます」(30代男性)というように、触る行為よりも格上に位置すると言っても過言ではない、舐めるというプレイにアソコも蘇りやすいという意見も。特に太ももの付け根内側の「鼠蹊部(そけいぶ)」は男性が元気になるツボが集中しているそうなので、愛撫してもらうポイントとしてピッタリかもしれません。

  • 【9】潔く寝てから朝方にもう一度トライする

    「寝起きプレイもオツなものですよ(笑)」(20代男性)など、一夜明けてから行うエッチは一味違ったものが楽しめるという意見も。女性側には目覚まし代わりのキスから行ってあげると優しい気持ちになり、すんなりと受け入れてもらえるのかもしれません。

人間である以上、性器の問題はおそらく一生付きまとってくる問題でしょう。男性の場合「中折れ」が発生しても変に焦ってしまうと男の株を下げてしまうので、まずは冷静でいることが重要なのではないでしょうか。(東賢志/A4studio)
Photo:All images by iStock