薄着になると隠せない?女子の視線が集中するカラダの部位9パターン


ほとんどの男性は「女性から見られている」という感覚が乏しいもの。しかし、夏になると誰でも薄着をするので、カラダのメンテナンスをしないと女性から幻滅されてしまう可能性がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性314名に聞いたアンケートを参考に「薄着になると隠せない?女子の視線が集中するカラダの部位」をご紹介します。

  • 【1】パンツに贅肉が乗っかるとだらしない「お腹」

    「お腹の『ポッコリ』を見ちゃうと、鍛えてほしいと思う」(20代女性)というように、マッチョ好きな女性でなくても、あからさまにたるんだ肉体には「NO」を出す人が多いようです。特にタックインでパンツをはく人は、すぐにでも腹筋を鍛えたほうがいいかもしれません。

  • 【2】シャツの胸元から覗くと気になる「胸毛」

    「あんまり立派だと嫌だな」(20代女性)というように、胸毛をセクシーだと感じる女性がいる反面、量が多すぎると引く女性も多いようです。完全に剃り落とす必要はありませんが、「間引く」程度に毛量を調節したほうが一般ウケするのではないでしょうか。

  • 【3】水虫で皮むけがあると汚らしい「足指」

    「ビーサンをはいた足が悲惨な状態でギョッとした」(20代女性)というように、夏のラフなスタイルでは男性でもサンダルを履くので、足指やかかとのケアにも気を付けたほうがよさそうです。足全体をピーリングすれば、手入れが一度ですんで楽でしょう。

  • 【4】筋肉がないと様にならない「二の腕」

    「Tシャツから出た腕が太いほうがカッコいい」(20代女性)というように、男性の鍛えられたカラダはシンプルなコーデの「アクセサリー」になるようです。一朝一夕に手に入るものではないので、夏を迎える前から筋トレをはじめましょう。

  • 【5】短パンスタイルは厳しい…「すね毛」

    「すね毛がボーボーだとだらしない感じ」(20代女性)というように、毛深い男性にとって、短パンははきこなしにくいアイテムかもしれません。自覚がある人は短パンを避けるか、シェーバーで長さを整えるなどの「ムダ毛処理」をしてから挑みましょう。

  • 【6】弱々しく見えてしまう「色白肌」

    「特に夏は日焼けしてるくらいのほうが健康的」(10代女性)というように、日本中の人がワントーン黒くなる夏は、普段よりも肌の白さが際立ってしまうようです。ただし、短パンやタンクトップを避けて露出を抑えれば、そこまで目立つこともないでしょう。

  • 【7】タンクトップからはみ出すほど立派な「わき毛」

    「すごいインパクトで、釘づけになってしまった(苦笑)」(20代女性)というように、わきの下に収まらないほどのわき毛は、男性であっても処理の対象かもしれません。特につり革をつかむタイミングでは、わきが全開になるので、電車に乗る日はシャツなどを羽織って目隠ししましょう。

  • 【8】貧相に見えてしまう「細い脚」

    「細すぎるとナヨナヨして見える」(20代女性)というように、脚が細いからといって、安心できるわけではないようです。ある程度「男らしさ」を演出したいなら、少し太めのパンツをはくなどして、体型をカバーしたほうがいいかもしれません。

  • 【9】たるんでいると盛り上がって目立つ「おっぱい」

    「水着を着たとき、胸が大きくてドン引きでした」(20代女性)というように、上半身がたるんでいると、男性にも「おっぱい」ができてしまうようです。Tシャツを羽織るなどの目隠しワザも使えますが、できれば早めに鍛えて、自信満々でビーチを歩ける体を手に入れましょう。

男性は「関係ない」と思いがちなムダ毛や体の緩みも、女性の関心の的であるようです。ムダ毛処理と筋トレを同時に行えば、安心して夏を迎えられるでしょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年2月9日から16日まで
対象:合計314名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock