男とは基準が違う?女性が「口説かれている」と感じる話題9パターン


男性と女性では、異性からのアプローチに対する敏感さが異なるもの。自分としては他意のない発言が、女性に「狙われている」と誤解され、警戒心を抱かせてしまうこともあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性336名に聞いたアンケートを参考に、「男とは基準が違う?女性が『口説かれている』と感じる話題」をご紹介します。

  • 【1】女性の話に「俺もそう思う。気が合うね」と強く賛同する

    「話の内容より、私と親しくなりたいのかなと思う」(20代女性)というように、自分に共感を示す男性に恋愛的なアプローチを感じるケースです。「勘違いされた?」と感じたら、努めて自然な態度を意識したほうがいいでしょう。

  • 【2】容姿や性格について「かわいいね」とストレートに褒める

    「多少なりとも異性として意識してるから褒めるわけでしょ」(20代女性)というように、自分を持ち上げるセリフを好意のアピールだと受け取るパターンです。冗談混じりに口にしたのだとしても、「好意を示した」と認識されることは自覚したほうがよさそうです。

  • 【3】女性が抱えているコンプレックスについて「俺は好きだよ」と前向きに語る

    「私を認めてくれるってことは、特別な気持ちがあるのでは?と感じます」(20代女性)というように、女性のコンプレックスを励ます言葉も、「気があるからでは?」と解釈されるようです。「みんなそう思ってるよ」などと付け加えて、個人的な見解ではないことを強調するのが無難でしょう。

  • 【4】一緒に食事をしながら「こっちも食べる?」と自分の皿を勧める

    「間接キスになるんだけど、気にならないの?と思ってしまう」(20代女性)というように、食事のシェアをしたがるのも、裏の意味を勘ぐられてしまうようです。ほかの人にも声をかけて、「みんなで分け合う」という体裁にしたほうがよさそうです。

  • 【5】自分の理想の恋愛観を語って「君はどう思う?」と意見を求める

    「返事次第で恋人候補にカウントされそう」(10代女性)というように、自分の恋愛観をわざわざ語ることも、「何か狙いがあるのでは?」と警戒されることがあるようです。この手の話を持ち出すときには「普通、女性はどう考えるの?」などと一般論として問うのが安全でしょう。

  • 【6】さほど親しくもないのに「下の名前で呼んでいい?」と提案する

    「強引に距離を詰めてきた感じがする」(10代女性)というように、女性を苗字ではなく下の名前で呼ぼうとすると、無理やり仲良くなりたがっていると感じ取られるようです。友人として親しみを表現したいのであれば、「あだ名で呼ぶ」ところから始めてみるとよさそうです。

  • 【7】「どんなタイプが好きなの?」と男性の好みを尋ねる

    「探りをいれてきたなと思う」(20代女性)というように、異性のタイプを問う質問は、「口説き」だと認識されることがあるようです。大勢で恋愛トークをしている流れなら別ですが、一対一では慎重に扱うべきテーマだと心得ましょう。

  • 【8】飲み会に参加しているとき「一緒に二次会行こうよ」と次に誘う

    「かなりハッキリと狙われている予感がする」(20代女性)というように、二次会に誘われると「ターゲットにされた」と考える女性は多いようです。下心があると思われたくなければ、個別に声を掛けるのではなく「みんなで行こうぜ」という言い方にしましょう。

  • 【9】「彼氏はいるの?」と恋人の有無について聞く

    「無理な相手には、いなくても『いる』って言う」(20代女性)というように、「彼氏の有無」をズバリ問うのは、直球のアピールだと受け取られる危険があるようです。単に興味があるだけだとしても、むやみに知りたがるのはリスキーでしょう。

自分としては「ただの世間話」や「親しみを込めたコミュニケーション」のつもりでも、違う解釈をされると面倒です。相手がどのように受け取るのかを先回りして考える癖をつけましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2015年2月9日から16日まで
対象:合計336名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock