愛する彼女を「マリッジブルー」から守るための接し方9パターン


プロポーズが成功したとしても、油断してはいけません。婚約後の女性は感傷的になりやすいため、心のケアを怠ると突然婚約破棄されてしまう危険さえあるようです。そこで今回は、インターネットユーザーの女性406名に聞いたアンケートを参考に「愛する彼女を『マリッジブルー』から守るための接し方」をご紹介いたします。

  • 【1】「たまにはゆっくりデートしよう」と、恋人として扱い続ける

    「『釣った魚に餌はやらない』ではなく、婚約前と同じように接してほしい」(20代女性)というように、「変わらぬ愛」を見せれば彼女に安心してもらえそうです。新生活の準備に疲れたら、初デートの場所に連れ出してお互い初心を取り戻しましょう。

  • 【2】「2年以内に昇進してみせる!」と、仕事への意気込みをアピールする

    「彼氏を愛していても、金銭的な不安があると結婚を考え直したくなる」(20代女性)というように、社会人としての将来性を示しておかないと、彼女の気持ちが冷めてしまうかもしれません。収入が上がる見込みがなくても、浪費癖を直すなどの覚悟を見せましょう。

  • 【3】「たまには俺以外の人と食事に行きなよ」と、友人との交流を促す

    「結婚したら自由に遊べなくなると思うと、少しブルーになる」(20代女性)など、彼女に喪失感を味わわせないためには、定期的に息抜きを提案してあげたいところです。「今のうちに家族とたくさん過ごしなよ」などと嫁入りする女性への気遣いができれば上出来でしょう。

  • 【4】「いつもありがとう」と、家事や料理に対するお礼の言葉を欠かさない

    「『女がやって当然』のような態度をされると先が思いやられる」(20代女性)というように、日常のことでも感謝の気持ちを表現しないと、不信感を持たれてしまうようです。彼女が世話好きなタイプだとしても、甘えすぎないようにしましょう。

  • 【5】「招待状の印刷手配は俺に任せて」と、率先して結婚式の準備を引き受ける

    「『手伝うことある?』とか、他人事のように言われると結婚式を止めたくなる」(20代女性)というように、重大な物事には率先して取り組まないと、彼女に幻滅されるかもしれません。面倒事には正面から向き合い、パートナーとしての頼もしさをアピールしましょう。

  • 【6】「子どもができたら、キャンプに行きたいね」と、楽しい未来を想像させる

    「理想の夫婦像なんかを考えているうちに、心のモヤモヤが晴れそう」(20代女性)というように、ハッピーな未来予想図を語ることで、心の迷いを忘れさせるパターンです。「君となら何が起きても乗り越えられる」などと言って、自信を持たせてあげましょう。

  • 【7】「君の両親と家族になれるのがうれしいんだ」と、相手の身内を褒める

    「親と仲良くしてくれないと、後々困ることになるから」(20代女性)というように、身内への気遣いも見せておかないと、彼女の気持ちが重くなってしまうようです。「一緒にたくさん里帰りしようね」と約束し、結婚しても家族と疎遠にさせないことを保証してあげましょう。

  • 【8】「不安なことがあったら言ってな」と、何でも話すよう促す

    「ネガティブな気持ちを溜め込まないで済みそう」(20代女性)というように、日頃から何でも言える空気を作っておくと、もしものときにも安心かもしれません。「心配しなくて大丈夫だよ」などと抱きしめて、男としての包容力を見せつけましょう。

  • 【9】「サヨナラのチューしてよー」と、早くもラブラブ新婚夫婦を演じる

    「愛されている実感を持たせてくれれば、ブルーになんてならない」(20代女性)というように、新婚モードで接することで、彼女の気持ちをピンクに保つパターンです。「これからは○○夫人だね」と自分の苗字で呼んでみるなど、彼女に花嫁気分を味わわせてあげましょう。

分かりやすい意思表示や愛情表現で安心させてあげれば、彼女をマリッジブルーから守ることができるようです。乙女心を理解して優しく接してあげましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計406名(インターネットユーザーの女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock