結婚する友人に比べて俺には足りない!と感じる「○○力」9パターン


男友達の結婚を知らされると、「アイツと俺はどこが違うのか?」などとつい比較したくなるもの。そこでもう一歩踏み込んで、結婚を決めた友人との「差」を冷静に分析したら、幸せをつかむヒントが見つかるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性354名に聞いたアンケートを参考に「結婚する友人に比べて俺には足りない!と感じる『○○力』」をご紹介します。

  • 【1】妻を専業主婦にできるだけの「経済力」

    「やっぱり仕事とお金は大事!でも一番自信がないのもその点です」(20代男性)というように、安定した収入が見込めない限り結婚はムリ!と考える人は多いようです。ただし、相手の女性が共働き志望なら、むやみに諦める必要はないかもしれません。

  • 【2】結婚したい気持ちを願望だけで終わらせない「行動力」

    「友人は積極的に婚活してたけど、俺は『結婚してぇ』とか言ってるだけ」(20代男性)というように、結婚願望はあっても行動が伴わなければ、実現は不可能でしょう。既婚の友人に体験談を聞くなど、気負わず着手できることから始めたいところです。

  • 【3】夫婦円満を長続きさせるのに不可欠な「コミュニケーション力」

    「口下手だから、結婚できたとしても存在感の薄い夫になりそう」(10代男性)というように、会話力に自信が持てず、将来に不安を覚える人もいます。現状ではいろいろまずい点があったとしても、恋愛だけでなく、サークルや仕事に意欲的に取り組むうちに、聞く力や伝える力を磨くことはできそうです。

  • 【4】相手と協力して日々の雑事を片付けていける「家事能力」

    「前の彼女には『家事を全部やらせるつもり!?』と同棲を断られました…」(20代男性)というように、炊事や洗濯を女性に丸投げする気でいたら、結婚のOKはもらえないかもしれません。失敗しても誰にもとがめられない独身のうちに、訓練を積んでおきましょう。

  • 【5】彼女の親に結婚相手として自分を売り込む「アピール力」

    「認められたいと思うあまり、挨拶しに行くことを想像しただけで腹痛が…」(20代男性)というように、スムーズに事を運ぶには、相手の家族に気に入られる必要があるでしょう。見た目で損するタイプの人は、今のうちから「好青年に見える服装」などを研究するとよさそうです。

  • 【6】浮気心が芽生えてもストップをかけられる「自己管理能力」

    「すぐ目移りする自分には、添い遂げるなんて夢みたいな話」(10代男性)というように、現在の彼女が最愛の人だ!と思えないなら、結婚は時期尚早だと言えそうです。とはいえ、人生の伴侶に巡り合うためには、さまざまな恋愛経験を積むことも大切でしょう。

  • 【7】いまだ!と思ったプロポーズのタイミングを逃さない「瞬発力」

    「『しっかり準備しておいて、チャンスが来たらガッとつかめ!』と励まされたけど、ピンとこない…」(20代男性)というように、結婚には勢いも必要かもしれません。ただし、用意周到な計画があってこそ、とっさの行動が功を奏するとも考えられるでしょう。

  • 【8】欠点も含めて相手のすべてを受け止められる「包容力」

    「『ゲップする彼女すら愛おしい』とか、俺にはムリだわぁと思った」(20代男性)というように、器の小ささもネックになりそうです。なにかにムカついたら一旦深呼吸するなど、小さな努力を積み重ねて寛大さを養っていきましょう。

  • 【9】よし、結婚しよう!と踏み出すことのできる「決断力」

    「金もあって人柄もいいのに結婚できない奴もいる。要は腹をくくれるかどうかでは?」(20代男性)というように、ここぞというときに覚悟を決められなければ、新たなステージへは進めないもの。「今のままがいいや」と思ううちは、まだ機が熟していないのかもしれません。

どんな「○○力」でも、あるに越したことはないでしょう。とはいえ、世の既婚男性がすべてを備えているとは考えづらいので、多少力不足でも結婚できる可能性は十分ありそうです。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年2月9日から16日まで
対象:合計354名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock