合コンでそこそこ盛り上がる「鉄板トーク」9パターン


合コンで初対面の女の子を楽しませるには、話題選びが鍵となるもの。毎回悩んでしまう人は、誰とでも無難に話が弾む「鉄板ネタ」を仕込んでおくといいかもしれません。そこで今回はインターネットユーザーの独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「合コンでそこそこ盛り上がる『鉄板トーク』」をご紹介いたします。

  • 【1】あるある話で盛り上がる「出身地の話」

    「地元が同じなら親近感がわくし、県民性の違いみたいな話も好き」(20代女性)というように、出身地ネタなら誰もが語ることができるので、皆が話に乗ってくれそうです。「方言」や「食文化」などを掘り下げていくと、話が尽きることはないでしょう。

  • 【2】同年代ならみんな知っている「なつかしネタ」

    「小学生のころ見ていたアニメの話をしたあと、テーマソングを歌ったりしました」(20代女性)というように、子供のころヒットしたモノ・コトをネタに盛り上がるパターンです。カラオケでは、あえて「昔のアニメ縛り」を発動するなど、何かしらのきっかけを作るといいかもしれません。

  • 【3】お互いの恋愛観にツッコむ「恋バナ」

    「恋人候補を探しにきているので、どんな考えを持っている人か興味ある」(20代女性)というように、彼氏を見つける目的で合コンに参加している女の子たちには、ストレートに恋愛話をふるのもアリのようです。「かわいいのにホントに彼氏いないの?」などと適当に持ち上げながら切り込んでみてはいかがでしょうか。

  • 【4】話が合えば一気に意気投合する「趣味ネタ」

    「海外旅行の話ならいくらでも話したいし、聞きたい」(20代女性)というように、共通の趣味が見つかれば、その後のトークは間違いなく盛り上がるでしょう。女の子の食いつきがいいようなら、聞き役に回ってどんどん話を引き出してあげたいところです。

  • 【5】誰もが見たことがある「テレビ番組ネタ」

    「アニメとかお笑いの話なら気楽に参加できます」(20代女性)というように、気負わず楽しめるテーマとして「テレビ番組」を挙げる人もいます。合コンらしく、恋愛バラエティ番組について意見を聞いてみるのもいいでしょう。

  • 【6】異常気象後はエピソードの宝庫「天気の話」

    「台風や大雪のあとだと、オカルト的なものも含めていろんな話が出てきますよね」(20代女性)というように、天候について一家言ある人は少なくないようです。不謹慎なネタはNGですが、笑って話せるエピソードがあれば披露してみてはいかがでしょうか。

  • 【7】合コンメンバーの関係性を探る「友達ネタ」

    「自己紹介になるし、『で、そっちは?』と相手の話も聞けます」(20代女性)というように、女の子たちがどんな繋がりで集まっているのか尋ねるのも、会話のきっかけにしやすいでしょう。同じ学校、幼馴染などの関係を聞くだけでなく、「この子はみんなのまとめ役」といったそれぞれのキャラクターについても教えてもらうとよさそうです。

  • 【8】料理を前に話しやすい「好きな食べ物」

    「『食べられないものない?』『好きなお酒は?』とか話しやすいですよね」(20代女性)というように、メニューや料理を題材に話す手もあります。ついでに注文担当として要領よく場を仕切れば、女の子からの好感度もアップするでしょう。

  • 【9】ネタが見つからないときの「女の子へのギモンネタ」

    「『イケてるヒゲとキモいヒゲの違いを教えて』とか、質問をぶつけられると女子は張り切ります(笑)」(20代女性)というように、合コンの場を借りて、「女の子に聞いてみたかったこと」を投げかけるのもおもしろそうです。女性批判や下ネタはご法度ですが、意外な収穫があるかもしれません。

集まったメンバーの共通点、もしくは相違点に着目してネタを振れば、会話のきっかけを作りやすそうです。軽い自己紹介で様子をうかがいながら話題を選びましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock