初対面でも怖くない!女の子との共通の話題を探るコツ9パターン


初対面の女の子と話すきっかけを見つけるのは、なかなか難しいもの。誰にでも使えそうな会話の切り口をいくつか用意しておくと、合コンなどで役立つかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性386名に聞いたアンケートを参考に「初対面でも怖くない!女の子との共通の話題を探るコツ」をご紹介いたします。

  • 【1】「埼玉出身の○○です。商社で営業やってます」と自己紹介する

    「興味がある相手なら、『具体的にはどんな仕事?』『埼玉のどこ?』など話が広がります」(20代女性)というように、自己紹介を会話のフックにするパターンです。仕事を伝えるときは業種だけ明かすなど、ツッコミどころを意図的に盛り込みましょう。

  • 【2】「パンダの赤ちゃんの名前が決まりましたね」と自分が興味のあることを話す

    「『いきなり何?』と思うけど、気になる話題なら乗ってしまいます」(20代女性)というように、直近で気になったニュースなど、自分の関心事をぶつけてみるのもいいかもしれません。意見が分かれる政治などの話より、身近でホッとするネタを選ぶのがベターでしょう。

  • 【3】「いまどんなドラマをチェックしてますか?」と最近観たテレビや映画の話を振る

    「同じ作品を観ていたら、そこから盛り上がりますよね」(20代女性)というように、女性の好きなテレビ番組などから、会話を広げていく作戦です。「特になし」と返されるようなら、「ところで、お勧めのスマホアプリって何?」などと話題を変えて、粘り強く共通のテーマを探りましょう。

  • 【4】「職場では何を?」「学校の専攻は?」と仕事や学校について具体的に聞く

    「興味を持ってくれている感じがするので悪い気はしないです」(10代女性)というように、相手のバックグラウンドを尋ねながら、お互いの理解を深めていくのもよさそうです。「へー!面白そう!」などと興味津々で話を聞けば、女の子の口がなめらかになるかもしれません。

  • 【5】「休みの日は何をしていますか?」とプライベートの過ごし方を尋ねる

    「ヨガに行っているとか、料理を習ってるとか、こっちも女子力アピールしやすい話題かも」(20代女性)というように、休日の過ごし方を聞いてみるのもアリでしょう。ひとしきり聞いたあと、「ちなみに僕は波乗りが趣味で…」などと切り出せば、会話のキャッチボールも成立しそうです。

  • 【6】「どうやってここまで来ました?」とその日、会うまでのことを教えてもらう

    「『銀座線で…』とか、すごい自然に話せそうです」(20代女性)というように、出会う直前までの流れを聞いてみるのもいいかもしれません。電車での出来事や住んでいる街についてなど、いろいろな話題が派生して出てきそうです。

  • 【7】「珍しい苗字ですね」「漢字だとどういう字?」と名前をネタにする

    「持ちネタみたいなものなので話すのは嫌いじゃないです」(20代女性)というように、相手が変わった名前なら、それを突破口に会話を広げる手もあります。「素敵なお名前ですね!」とまずは褒めてみて、反応がよければ由来などを尋ねてみましょう。

  • 【8】「おいしいカレー屋さんを知りませんか?」と食べ物の話題を出す

    「少なくともカレートークにはなると思います」(20代女性)というように、グルメトークは万人受けする話題の一つでしょう。いきなり切り出すと不自然なので、出てきた料理をつつきながら話すのがいいかもしれません。

  • 【9】「あ!かわいいスマホカバーですね」と女の子がこだわっていそうなモノを褒める

    「ツッコまれると『待ってました!』とばかりに話してしまいそうです」(20代女性)というように、女の子のこだわりの逸品を突く作戦です。ちょっと奇抜なデザインのモノ、テーブルの上にわざわざ置いたアイテムがあれば、すかさず触れてみましょう。

初対面でも共通の話題は意外とあることがわかります。相手の反応を見つつ、話をグイグイと広げていきましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計386名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock