かわいすぎ!先輩女性が構いたくなる新人クンの行動9パターン


言うまでもなく、会社員生活において先輩や上司との関係はとても重要なもの。「新社会人」としてちやほやされる時期は一瞬なので、どうせならうまく立ち回っておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性386名に聞いたアンケートを参考に「かわいすぎ!先輩女性が構いたくなる新人クンの行動」をご紹介いたします。

  • 【1】すれ違うたび、いちいち立ち止まってビシッと挨拶する

    「フレッシュすぎて笑えます(笑)」(20代女性)というように、挨拶はやり過ぎなくらいがちょうどいいと思われるようです。ただし、最初に気合い満点だった分、少しでも適当になると目立ってしまうので、どんなに多忙になっても声だけはキチッと出し続けましょう。

  • 【2】「早く一人前になれるよう頑張ります!」と地道な努力をいとわない

    「前向きな新人クンを見ていると初心を取り戻せます」(20代女性)というように、先輩の下働きでも嫌がらず、何事も身に付けようと頑張る姿勢が好印象を与えるようです。「この仕事、意味があるんですか?」などと文句を言う前に、まずは黙って取り組みましょう。

  • 【3】よく失敗するが、翌日にはダメージから回復する

    「ドジでもすぐケロっと忘れちゃう子がいい。ウジウジしている子は苦手です」(20代女性)というように、打たれ強さや明るい性格も先輩ウケにつながりそうです。運動でもふて寝でもいいので、早めにストレス発散法を見つけておきましょう。

  • 【4】「先輩みたいにお客さんとの信頼関係を築きたいです」と先輩女性を目標に掲げる

    「自分を目指すと言われたら、それはかわいがりたくなりますよね」(20代女性)というように、世渡り上手を目指すなら、年長者に尊敬や憧れを伝える手もあります。「顧客を虜にする笑顔」「数字へのこだわり」など、どこがすごいと思うのか具体的に褒めると相手の心に響きそうです。

  • 【5】素直に「分かりません。教えてください」と頭を下げる

    「謙虚でいいと思います。理解しないまま進めてオオゴトになる場合もありますし」(20代女性)というように、先輩に素直に教えを乞うことも仕事を進める上で重視されるようです。ただし、同じ質問を何度も繰り返すと「飲み込みが悪い」と呆れられるので、聞いたことはメモに残しましょう。

  • 【6】ちょっとした雑用でも、全力投球で取り組む

    「ゴミ出しとかを『なんで俺が…』とか言わずにパパッと進めてくれたら感心しますね」(10代女性)というように、些細なことでもバカにせずにきちんと取り組む新人男性も、重宝がられるようです。速さや質、美しさなどで期待を上回れば、評価がグッと上がるでしょう。

  • 【7】「センパーイ」と子犬のように甘える

    「自分を慕ってくれる子は、特別にかわいく見えます」(20代女性)というように、先輩を頼ったり、なついた様子を見せたりして、母性本能をくすぐる作戦です。とはいえ、「まとわりついてきてウザい」と思われない程度に空気を読んだほうがいいでしょう。

  • 【8】取引先の部長の前でカチンコチンになるなど、周囲が心配になるほど緊張する

    「ウブなところをみんなでカバーしてあげたくなります(笑)」(20代女性)というように、新人ならではのぎこちない振る舞いで、興味を引くパターンです。ただし、「本人は真剣」であることが条件なので、間違っても手を抜かないようにしましょう。

  • 【9】難易度の高い課題には、「できません」ではなく「やってみます」と答える

    「不安をこらえて『やります』という姿に、キュンとします(笑)」(20代女性)というように、難しい仕事から逃げずに挑む姿は、先輩の心をつかむようです。「やる」と言ったからには、上司を巻き込んででも粘り強く取り組みましょう。

職場で愛される新人になるためには、「一生懸命であること」が大前提のようです。全力で仕事に取り組み、その中で自分のキャラが出せれば、きっとかわいがってもらえるでしょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計386名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock