壁ドンより効く!女子を胸キュンさせる男のモテ仕草9パターン


一時は社会現象になった「壁ドン」のように、男子からの大胆なアプローチに憧れを抱く女子は少なくありません。ぜひともレパートリーを増やして、壁がない場所でも女子をメロメロにしてしまいましょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性148名に聞いたアンケートを参考に「壁ドンより効く!女子を胸キュンさせる男のモテ仕草」をご紹介いたします。

  • 【1】片手で顎をクイッと持ち上げて、そのままキスする「顎クイ」

    「高圧的で『オレ様』な態度にクラクラしそう」(20代女性)というように、自信満々に女子の顎を持って、強引に色っぽいムードに引き込む方法です。ソフトタッチとサワヤカな微笑みを心がければ、女子を怖がらせずに済むでしょう。

  • 【2】車道側を歩く女性とポジションチェンジする「オレ壁」

    「頼もしい守護神に見えてカッコイイ!」(10代女性)というように、黙って女子の身を守る「壁」となることで、内に秘めたやさしさをアピールする作戦です。靴ひもを結び直したあとにさりげなくポジションを変えるなど、わざとらしさを感じさせないように実行しましょう。

  • 【3】別れ際や人混みで腕を引き寄せる「腕グイ」

    「一気に心拍数が上がって、キュン死しちゃう」(10代女性)など、意表を突いて女子の腕を引き寄せれば、ハートをわしづかみにすることができそうです。女子が転ぶ可能性もあるので、腕を引きながら自分の体を半歩近づけてスマートに抱きとめましょう。

  • 【4】熱を測るためにおでこをくっつけ合う「でこピタ」

    「キス目前!余計に熱が上がってしまう!」(10代女性)など、密着感ある体温測定法で女子をドキドキさせるパターンです。下心を感じさせないように真剣な態度で実践し、たとえ平熱でも防寒具や水分を与えるなど、やさしく介抱してあげたいところです。

  • 【5】イヤホンの片方を女性に使わせる「イチャホン」

    「心が繋がった気分になる」(10代女性)というように、イヤホンというプライベートなアイテムを共有すれば、親密度が格段にアップするようです。選曲がイマイチだと効果が半減してしまうので、事前に女子受けするナンバーを揃えておきましょう。

  • 【6】繋いだ手をコートのポケットにねじ込む「ねじポケ」

    「優しく手錠をかけられているみたいで、ほっこりしちゃう」(10代女性)というように、女子を寒さから守りながらポケットで拘束するという「攻守一体型」のアクションです。「入れ心地の良さ」が好感度アップに繋がるので、ポケットのなかはキレイにしておきましょう。

  • 【7】女性の頭をやさしく2回タッチする「頭ポンポン」

    「本能的にシッポを振ってしまいそう」(10代女性)など、頭をポンポンされるだけで子犬になったような錯覚を起こす女子もいるようです。相手が階段の下に立っているときに実践するなど、自分を見上げさせれば包容力をアピールできそうです。

  • 【8】相手の肩に頭を乗せてもたれかかる「肩ズン」

    「かわいく見えて、疲れを癒してあげたくなっちゃう」(20代女性)など、甘えたような仕草で母性本能を刺激するパターンです。残業帰りのギトギトヘアだと不快感を与えかねないので、毛髪の清潔感をキープしやすい休日に試したほうが良いかもしれません。

  • 【9】女性の髪についたゴミを取る「髪フゥ」

    「髪に触れられるドキドキ感と、ゴミがついていた恥ずかしさで顔がまっ赤になる」(20代女性)というように、恋心と羞恥心を同時に刺激して女子を激しく動揺させる方法です。「キレイな髪だから見とれちゃった」などと、褒め殺しのセリフでトドメを刺しましょう。

ちょっとベタでキザな仕草でも、自信たっぷりに実行すれば意外と女子は受け入れてくれるようです。少女漫画のような、甘い世界観を演出してあげましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年12月1日から8日まで
対象:合計148名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock