いい人だな…という印象を残してLINEを終える方法9パターン


どんなに楽しいLINEのやり取りも、いつかは終えなくてはなりません。では、どんな終わり方をすれば、好印象を残せるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性429名に聞いたアンケートを参考に「いい人だな…という印象を残してLINEを終える方法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】スタンプだけでもいいので、必ず自分の返信で終わらせる

    「相手のメッセージで終わると嬉しい」(20代女性)というように、やり取りの最後を自分の返信で締めることで、女性を喜ばせるパターンです。スタンプだけなど手間のかからない方法で構わないので、ルール化して徹底しましょう。

  • 【2】「また連絡するね」と次に期待させる

    「また連絡が来るんだなと思うと楽しみ」(20代女性)というように、「これが最後ではない」と感じさせられれば、女性をわくわくさせつつLINEを終わらせることができそうです。ただし、その後時間が空くとやきもきさせてしまうので、あまり待たせないよう心がけましょう。

  • 【3】「頑張って」とポジティブな言葉を送る

    「テスト前とか、励まされます」(10代女性)というように、前向きな言葉がけは、目標に向かって頑張る女性を喜ばせるようです。「終わり良ければすべて良し」という言葉もあるほどなので、それまでどんなやり取りがあっても最後は明るい言葉で締めくくりましょう。

  • 【4】「長々ありがとう」と謙虚にお礼を述べる

    「丁寧な人なんだな、と感心しちゃいました」(20代女性)というように、メッセージのやり取りに対するお礼の言葉は、誠実な人柄を感じさせるようです。相談に乗ってもらった場合などは、特に丁重に礼を尽くしてはいかがでしょうか。

  • 【5】「おやすみ」のあとに癒し系のスタンプを送る

    「もう終わりかな、と思ったあとにスタンプが来ると『また来た!』と嬉しくなる(笑)」(10代女性)というように、「おやすみ」のあとのスタンプには「おまけ」的な喜びがあるようです。「おやすみ」と書かれたかわいい絵柄のスタンプをいくつか用意しておくといいでしょう。

  • 【6】「(LINEのやり取りが)楽しかったー」と好意を匂わせる

    「無邪気な感想が聞けると嬉しい」(20代女性)というように、ストレートな喜びの声は、女性をほっこりした気持ちにさせるようです。恥ずかしがったり「察してくれるだろう」と相手に委ねたりせず、何度でも思いを伝えていきましょう。

  • 【7】「まだ話したいけど、もう寝なきゃ」と終わりを惜しむ

    「私も同じ気分だったからキュンとした」(10代女性)というように、「まだ話したい」という素直な言葉は、同じ気持ちでいる女性の心に刺さるようです。「もう寝るね」だけだと冷たい印象になりがちなので、こうしたワンクッションを置くようにしましょう。

  • 【8】「明日も連絡しちゃうかも(笑)」とおどける

    「冗談っぽく言われるだけでもテンションが上がる」(20代女性)というように、近いうちに連絡することを匂わせるセリフは、女性をウキウキさせるようです。おどけた言い方をすることで、精神的な重さも軽減されるので、一石二鳥ではないでしょうか。

  • 【9】「ゆっくり休んで」と相手を優しく気遣う

    「『優しい人なんだな』と思ってちょっと気になっちゃうかもしれない」(20代女性)というように、相手を思いやる気持ちは、言葉にしてこそきちんと伝わるようです。単に「おやすみ」と言うだけでなく「風邪ひかないように」「寝坊するなよ」など、シーンに合わせた言葉がけをしましょう。

好意を匂わせる言葉や、優しさがにじむ言葉が、女性の心に響くようです。「寝る」などの言葉でやりとりを終えていた男性は、もうひと手間かけることで好感度アップを狙いましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計429名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査