下心バレバレ!帰り際の強引すぎるセリフ9パターン


気になる女性とのデートなら、誰しも多少の下心は否定できないもの。がっつきたくなる気持ちはわかりますが、相手は引き気味なのに、「今夜こそモノにしたい!」と自分だけ前のめりになると、欲望の実現はますます遠のいてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性436名に聞いたアンケートを参考に「下心バレバレ!帰り際の強引すぎるセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「かわいいよね!人類史上最高!」と不自然なほど褒めちぎる

    「急に甘い言葉を連発されても、怪しいとしか思えない」(20代女性)というように、大げさに相手を賞賛して魂胆を見抜かれるパターンです。饒舌に語ると嘘っぽく響くので、本心であるならなおさら、聞き心地のいい言葉を並べ立てるのは控えたほうがいいでしょう。

  • 【2】「ていうか運命じゃない?」と根拠なく縁を主張する

    「『俺たちは結ばれるべき』って一人で勝手に盛り上がられても…」(20代女性)というように、個人的な直感を持ち出しても、同意してもらえる確率は低そうです。とはいえ、話の展開に説得力を持たせられれば、形勢逆転のチャンスはつかめるかもしれません。

  • 【3】「時間まだまだ大丈夫でしょ?」としつこく引き止める

    「門限を破らせようとする相手は信用できない。ソッコーでで帰ります!」(10代女性)というように、帰宅を先延ばしにさせると、不信感を抱かれてしまうようです。始めに今日は何時までOKか聞いておいて約束を守ったほうが、のちのち良好な関係が築けるでしょう。

  • 【4】「今日はガッツリ飲んじゃおうぜ!」とやたらとお酒を勧める

    「酔わせればイケるかも…なんて最低!誘われてももう行かない」(20代女性)というように、お酒の力に頼ろうとしても、かえってガッチリとガードを固められてしまうだけのようです。女性より先に酔いつぶれて醜態を演じる可能性もあるので、いいことはないでしょう。

  • 【5】「帰りが心配だからぜひ送らせて!」と彼女の家に近づきたがる

    「なんてわかりやすい送り狼宣言!と呆れてしまった」(20代女性)というように、「家まで送る」は下心を浮き彫りにする決まり文句だと言えそうです。送り届ける必要がある場合でも、どこまで付き添えばいいかは相手に決めてもらったほうがいいでしょう。

  • 【6】「俺の部屋からキレイな桜並木が見えるよ」と自宅に招く

    「見え透いた作戦だったから、『じゃあ今度大勢でお邪魔しようかな』と答えて黙らせた」(20代女性)というように、不用意な発言をすると、しっぺ返しを食らいそうです。家に呼びたいなら、それこそ手始めに仲間内でのパーティを企画するといいかもしれません。

  • 【7】「実はマッサージが得意なんだ」と身体接触を試みる

    「なんだかんだ理由をつけて触ろうとする奴、正直キモいです!」(20代女性)というように、唐突にスキンシップを図ろうとすると、激しく拒絶されるおそれがあります。ただし、もしデート中にいい雰囲気になったなら、勇気を出して手をつないでみてもいいでしょう。

  • 【8】「どうしたら帰らないでいてくれる?」とすがりつく

    「懇願されて『しょうがないなあ』ってOKするとでも思ってんの!?」(20代女性)というように、恥を忍んで「お願い」してみても、望みが叶うとは限らないでしょう。情けない男だと見下されたくなければ、必死なのがバレないよう自制すべきかもしれません。

  • 【9】「絶対に何もしないから!」とホテルに誘う

    「『何もしないなら行く必要ないよね?違う?』とキレ気味に問い詰めてやった」(20代女性)というように、暴走して「ホテル」を持ち出しても、あえなく撃沈するのがオチでしょう。連絡を絶たれたくなければ、なんとしても失言を取り繕いたいところです。

時間をかければうまくいくかもしれないのに、自らの軽率な発言でチャンスを棒に振ってしまったら、元も子もないでしょう。相手との歩調を合わせて、スマートに関係を進めたいものです。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計436名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock