「彼女に浮気された話」を告白!そのとき男を上げる方法9パターン


彼女に浮気をされるのは辛いものですが、そのエピソードの明かし方によって、男としての株を上げることもできるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『彼女に浮気された話』を告白!そのとき男を上げる方法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「オレも悪かったんだ」と彼女の悪口を言わない

    「別れた彼女を悪く言わないのは、男として尊敬できる」(20代女性)というように、欠席裁判になりがちな場面で悪口を封印すると、それだけで信頼感が高まるようです。恨み言のひとつも言いたい気持ちはわかりますが、グッと我慢して好感度アップにつなげましょう。

  • 【2】「バカだから全然気づかなくてさ」と自虐ネタにする

    「明るく話せるのは偉い」(10代女性)というように、この手の辛いネタを笑いに変えられる才能は、多くの女性から評価されるようです。ただし、あまりに事件直後だと、聞いた側も笑うに笑えないので、少し時間を置いてからにしたほうがいいでしょう。

  • 【3】「思わず泣いちゃった」と弱い部分をさらけ出す

    「母性本能をくすぐられるかも」(20代女性)というように、あえて恋愛中の情けない自分の姿を告白することで、「一途でかわいい人だな」と思ってもらう作戦です。見た目がいかついタイプの人なら、ギャップがあって強い印象を残せるかもしれません。

  • 【4】「寂しい思いさせてたから」と冷静に原因を分析する

    「前の恋愛からちゃんと学んでてすごいと思います」(20代女性)というように、状況をきちんと理解した上で語ることができると、「この人とならいい恋愛ができそう」と前向きにとらえてもらえるようです。ただし、的外れな分析は呆れられてしまうので、気持ちが落ち着くまでは言及しないほうがいいでしょう。

  • 【5】「すぐに話し合って別れた」と未練がないことを強調する

    「さっぱりしてていい。ズルズルするのは男らしくないですから」(20代女性)というように、ルール違反をした女性との関係をすぐに切ることができた実績は、恋愛への真面目な姿勢の証と受け取られるようです。早く新しい恋に踏み出したい場合は、特に有効な発言ではないでしょうか。

  • 【6】「その話はいいよ」と多くを語らない

    「一番尊敬できるかも。男は口が堅くなきゃ!」(10代女性)というように、ベラベラ話すどころか、他人から振られても応じない姿勢で、男気を示す方法です。ただし、場の空気が悪くならないよう、怒ったような態度をとるのはやめましょう。

  • 【7】「もっといい男にならなきゃ」と前向きに振る舞う

    「ポジティブでいいと思う」(20代女性)というように、辛い経験を経て成長しようとする男性は、どんな女性からも応援されそうです。最初は本音と違う「から元気」でも構わないので、自分を暗示にかけるつもりで唱えてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】「好きだから許したよ」と器の大きさを見せる

    「それも愛だよね。ある意味共感できる」(20代女性)というように、浮気という行為の善悪はさておき「彼女への愛があるから乗り越える」という選択は、多くの女性の心を打つようです。ただし、そう宣言したからには愚痴は封印する覚悟を決めたほうがいいでしょう。

  • 【9】「彼女の幸せが一番だから」とキレイな別れで締めくくる

    「『俺じゃ幸せにできないなら諦めるしかない』と言われてキュンとしちゃった(笑)」(20代女性)というように、裏切りがあったにもかかわらず、彼女の幸せを第一に考える態度は、多くの女性から賞賛されるようです。ただし、未練があると思われないよう、「オレも早く幸せにならなきゃ」などと、次の恋に積極的な気持ちも示しましょう。

彼女の浮気という憂き目に遭っても、その後の態度次第で多くの女性からの好印象を獲得することができそうです。こんな経験はないに限りますが、万一の場合のために心に留めておきましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年9月9日から12日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock