浮気されても仕方ない!?女子から同情されない男の発言9パターン


彼女から浮気されれば、大抵の場合は同情してもらえるもの。しかし、浮気されたあとのコメントによっては、「こんな男は浮気されて当然だな」と納得されてしまうおそれがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「浮気されても仕方ない!?女子から同情されない男の発言」をご紹介します。

  • 【1】「釣った魚に餌はやらないタイプ」と公言する

    「そういう男とは付き合いたくない」(20代女性)というように、付き合ってから態度を一変させるような男性は、彼女から愛想をつかされても仕方がないと思われるようです。それが男らしさだと考えているなら、思い違いだと心得ましょう。

  • 【2】「男はいいけど女の浮気は許せない」と差別する

    「こういう考え方はどうかと思う」(20代女性)というように、性差別的な考えから男性側の浮気だけに寛大な態度をとると、女性陣から反感を買ってしまうようです。仕返し的な感覚で浮気をされる可能性もあるので、思っていても口には出さないほうが賢明ではないでしょうか。

  • 【3】「そもそもそんなに好きじゃなかった」と強がる

    「そう言いたい気持ちもわからなくはないけど…」(10代女性)というように、浮気のショックも冷めやらない時期の発言は、どうしてもとげとげしくなってしまうようです。ムダに好感度を下げないためにも、少し気持ちが落ち着くまでは、女性と同席する場には行かないほうがよさそうです。

  • 【4】「ビッチだった」と元カノを侮辱する

    「ひどい!別れたからって言っていいことと悪いことがある」(20代女性)というように、元カノの悪口を言うと、知り合いであろうとなかろうと「最低な男」というレッテルを貼られてしまいそうです。女性ウケを気にするなら、悪口はご法度と心得ましょう。

  • 【5】「オレは全然悪くない」と1ミリも反省しない

    「浮気はするほうもされるほうも悪いと思うけど」(20代女性)というように、恋愛関係での裏切りは「どちらが100%悪い」と言い切れる類のことではないため、反省するそぶりを見せないと「残念な男」と断じられてしまうかもしれません。「俺も悪かった」と謙虚に言うくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

  • 【6】「浮気し返しちゃおうかな」と仕返しを目論む

    「そういう考え方だから浮気されたんじゃないの?」(10代女性)というように、浮気の仕返しを匂わせると、一気に株が下がりそうです。「遊びたい気分だけど、好きな人とじゃないとダメなんだよね」などと言って、女性陣の母性本能をくすぐってはいかがでしょうか。

  • 【7】「女は信用できない」と現実を見ず殻に閉じこもる

    「一度の失敗で何を大げさな…」(20代女性)というように、浮気されたからといって恋愛を引退するような発言をすると、発展したかもしれない恋の可能性まで摘み取ることになりそうです。痛手なのはわかりますが、「今は恋愛できる気分じゃない」などと、少し控えめな表現を選びましょう。

  • 【8】「どうせオレなんて…」と自分に自信がなさすぎる

    「そんな風に言われたら、自信家の人にひかれる気持ちもわかるかも(苦笑)」(10代女性)というように、自分を卑下する発言を繰り返すと、「ネガティブだからイヤになったのだろう」と彼女側に共感されてしまうようです。褒め上手な女友達と会って、自信を取り戻してはいかがでしょうか。

  • 【9】「恋愛経験少ないから」と問題点を理解していない

    「そういう問題じゃないんだってば!」(20代女性)というように、なぜ浮気をされたのか、原因を冷静に分析できないと「また同じ失敗を繰り返すだろうな」と呆れられてしまうでしょう。いっそ、辛口コメントをしてくれる友達に、「何が悪かったと思う?」と聞いてもいいかもしれません。

彼女の悪口を言ったり、現実を見ず、反省もしない態度が見えたりすると、女性陣から反感を買うようです。せめて慰めてもらえる男になるよう、発言から改めてはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock