適当すぎると誤解を招く…脈なしと勘違いされるLINE9パターン


LINEで普通にやりとりしているつもりでも、そのスタイルによっては、「この人、私のこと雑に扱っているな」と女性に誤解される場合があるようです。そこで今回は10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケート結果を参考に、「適当すぎると誤解を招く…脈なしと勘違いされるLINE」をご紹介します。

  • 【1】事務的な文章を好み、スタンプを絶対使わない

    「文字だけだと感情が分からないし素っ気ない感じがする」(20代女性)というように、シンプルすぎるLINEメッセージは、女性に冷たい印象を与える場合があるようです。同じ文章でもスタンプをひとつ入れるだけで温かみが出るので、試してみてはいかがでしょうか。

  • 【2】誤字脱字が多い

    「『大切に思ってないから、見返しもせずに送るのかな?』と思ってしまう」(10代女性)というように、毎回のように誤字脱字があると「手抜きされている」と感じさせてしまうようです。男女間に限らず最低限の礼儀でもあるので、面倒でも一度確認してから送るようにしましょう。

  • 【3】真剣な話を「急にどうしたの?」と軽く流す

    「ふざけた会話しかしてくれないと『信頼できない人だな』と感じる」(10代女性)というように、真面目な話をしたいときにきちんと向き合ってくれない男性に不満を抱くパターンです。「LINEだから…」と軽視せず、相手が「今何を話したいのか」を考えるといいかもしれません。

  • 【4】質問されたら答えるだけで、話題を提供しない

    「全然興味を持たれてない感じがして凹む」(20代女性)というように、男性から話をふられないことを寂しく感じる女性もいます。マメに返事をしているつもりでも、それだけでは誠意が伝わっていないこともあるので、時々は自分から話題をふるように意識しましょう。

  • 【5】「疲れた」「眠い」など、早く切り上げたいような言葉を使う

    「会話を遮断しようとしているとしか思えない」(20代女性)というように、気乗りしないどころか後ろ向きな気持ち丸出しの言葉は、「拒否されている」とネガティブに受け取られる可能性が高そうです。自分から切り上げたいときは「また明日LINEするね、おやすみ」などと一言添えるようにしましょう。

  • 【6】LINEゲームのお誘いばかりで、文章がない

    「『ポイントやアイテム欲しさだけ』な気がしてならない」(10代女性)というように、唐突に機械的な招待文だけを送ると女性に不信感を抱かせてしまうようです。「面白いからやってみない?」などの言葉も付けて、「一緒に楽しみたい」という気持ちを伝えたいところです。

  • 【7】恋愛ネタが出ると話を逸らそうとする

    「恋愛対象として見られていない感がハンパない」(20代女性)というように、女性から投げかけられた恋愛ネタに的外れなレスを返してしまうと、「否定のサイン」だと取られるおそれがあります。相手の女性を憎からず思うのであれば、「チャンス」と捉えて話を掘り下げてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】ほかの女子の話題に食いつく

    「ダシに使われてるようでバカにされた気分…」(10代女性)というように、不必要に本人以外の女性の話題を出すと不快感に思われる危険があります。「あの子のことが好きなのね」と判断されても面倒なので、うかつにほかの女子の話は持ち出さないほうがいいでしょう。

  • 【9】平気で既読スルーする

    「毎回のようにスルーされたら『無理だな』って思います」(10代女性)というように、既読スルーが何度も続くと諦めモードに入る女性は多いようです。うっかり返信するタイミングを逃すこともありますが、時間が経ってしまったLINEでも放置はしないようにしましょう。

男性にとっては「たかがLINE」と思うようなことでも、女性は内容を深読みしている場合が多々あるもの。男性の対応に一喜一憂する女性は多いので、相手の立場に立って丁寧にやりとりをするよう心がけてみましょう。(山下陽子/Office Ti+)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から15日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock