デートの誘いを断らない女子が発する「本音は嫌」のサイン9パターン


デートの誘いに、理由をつけて即答しなかったり、土壇場でキャンセルする女の子は、実は遠回しに断っているのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「デートの誘いを断らない女子が発する『本音は嫌』のサイン9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「風邪気味だから微妙かも…」と体調の悪さをほのめかす

    「本当に好きなら、風邪ぐらい気合いで治して行く(笑)」(20代女性)というように、疲れや体調を持ち出すのは、デートの優先順位がその程度だと意味しているのかもしれません。とりあえず「温かくして大事にしてね」と優しい言葉をかければ、次回につながる可能性はあるでしょう。

  • 【2】「もし無理だったらゴメン」とあらかじめドタキャンの可能性に触れる

    「そして実際にキャンセルするわけです」(10代女性)など、誘いには応じるものの、確約ではないことをにおわせている場合は、実現に至る望みは薄いでしょう。「運が良ければ来てくれる」くらいに考えておいたほうが良さそうです。

  • 【3】「その日は法事がある」と身内の冠婚葬祭を持ち出す

    「『法事』なら、身内の不幸と違って何度も使えるから」(20代女性)というように、親戚づきあいを持ち出す女子は、まず乗り気ではないと考えたほうが良いでしょう。デートの内容を再考すれば、次回は食いついてもらえるかもしれません。

  • 【4】「みんなで行くなら」と二人きりのシチュエーションを回避したがる

    「いきなり二人きりは避けたい…」(10代女性)など、一対一の状況を作らないために、「複数で会うなら」と持ちかけるケースです。無理に切り込んでも望みは薄いので、まずはグループデートを承諾して、だんだんと距離を縮める作戦に切り替えると良いでしょう。

  • 【5】「今、気になる人がいて誤解されたくないんだよね」と煮え切らない態度を示す

    「特に彼氏がいなくても、この台詞なら言えるから」(20代女性)というように、ほかの男性の存在をちらつかせて、相手の期待を削ぐ人もいます。それでも諦められないなら、「じゃあ友達として一緒に行こうよ」などと警戒心を解く方向で食い下がるのも良さそうです。

  • 【6】「あのテーマパーク混んでていやだ」と行き先にケチをつける

    「とにかく乗り気じゃないってことを伝えているつもり」(20代女性)など、デートプランに渋ってみせるパターンです。別の計画を提案しても難癖をつけられたら、そもそもデートそのものに対して後ろ向きであることを受け入れるしかないでしょう。

  • 【7】「しばらく休日出勤が続くから」と仕事が忙しいことを言い訳にする

    「仕事だと言えば、しつこく誘われずに済む」(20代女性)というように、時間がないことを説明して、相手を牽制する女性もいます。この場合は、「仕事頑張って。暇ができたら行こうね」とさわやかに引き下がるのが得策でしょう。

  • 【8】「私なんかといてもつまらないよ」と自虐気味に消極姿勢をアピールする

    「相手のダメージを少しでも減らしてあげてるつもり」(20代女性)など、自らへりくだる高度なテクニックでかわされることもあるでしょう。「○○ちゃんといると俺は楽しいよ」とフォローしつつ、あまり深追いしないほうが良いかもしれません。

  • 【9】「休みの日は英会話スクールがあるので」とデートよりも自分磨きを優先する

    「『もっと大事な用事がある』と告げているつもりです(笑)」(20代女性)というように、習い事などを盾にするときは、言外に「男と遊んでる暇はない」とにおわせているのかもしれません。女性の態度が変わらないようであれば、残念ながらあまり脈はなさそうなので、しばらく静観するのも一案でしょう。

断られていることに気づかずにしつこく誘うと、余計に傷を深くすることもありそうです。シグナルを敏感に受け取って、前向きに次の策を考えましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock