「実は好意なし」でもデートの誘いに応じる理由9パターン


気になる女性にデートを申し込んでOKをもらえたら、「付き合うのも時間の問題だ!」と喜びたくなってしまうもの。でも、実はデートを承諾したからといって、女性があなたに好意を持っているとは限らないようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『実は好意なし』でもデートの誘いに応じる理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】友人として仲良く付き合っていて「これからも友達でいたいから」

    「あくまでも友達として一緒に遊ぶ感覚」(10代女性)というように、これまでの距離感を崩さず、上手にやっていきたいと思っているケースです。女性側は「デートのつもりではない」と考えているので、恋愛を意識させるには「デート」という言葉を強調する必要があるでしょう。

  • 【2】相手が人間として良い人なので「傷つけたら可哀想だから」

    「嫌な女だと思われたくない」(10代女性)というように、誘いを断って相手を傷つけることを恐れている人もいます。形としてはデートに応じてもらえるので、相手を楽しませることができれば、恋愛に発展するチャンスはゼロではなさそうです。

  • 【3】何度も何度も繰り返し誘われて「もはや断る口実が尽きたから」

    「3回断っても諦めない人には降参します」(20代女性)というように、挫けずにアプローチを続ける男性に根負けしたパターンです。ただし、しつこくしすぎるとストーカー扱いされかねないので、誘いは3、4回までを目安にしておきましょう。

  • 【4】相手が職場の先輩などで「気まずくなりたくないから」

    「仕事関係でお世話になっている人だと断れない」(20代女性)というように、「先輩」や「上司」など、立場が上の男性からの誘いは無下に断れないようです。相手の弱みにつけ込むアプローチはセクハラ、パワハラだと認識されるおそれがあるので注意しましょう。

  • 【5】恋愛経験があまり多くなく「デート自体を体験してみたいから」

    「デートってどんな感じか興味がある」(10代女性)というように、単純な好奇心から誘いに応じるケースです。興味本位とはいえデート自体は成立するので、次は「恋愛」に興味を持ってもらえるよう、うまく誘導していきたいところです。

  • 【6】相手がどんな人かよく知らず「1回くらいデートして判断してみたいから」

    「お試しデートで恋愛対象になるか見極める」(20代女性)というように、1回目のデートは「基本的に応じる」と決めている女性もいるようです。厳しいチェックの視線にさらされることになるので、プランはよく練り、万全の体勢でエスコートしましょう。

  • 【7】今は特定の彼氏がいないので「暇つぶし感覚で行ってみてもいいから」

    「休日に家でダラダラしてるよりはマシだし」(20代女性)というように、深い理由はなく、気楽なノリで誘いに応じる人もいます。この場合、デートに対するモチベーションは低いので、ドタキャンやすっぽかしのリスクを覚悟したほうがいいでしょう。

  • 【8】全額おごりなことが確定していて「豪華なディナーに惹かれたから」

    「自腹じゃできない贅沢ができるなら行く」(20代女性)というように、豪華なデートプランに惹かれてOKを出すパターンです。派手にお金を使えばその日は楽しく過ごせそうですが、まじめな恋愛に発展する可能性は低いかもしれません。

  • 【9】好きなアーティストのライブなど「デートの行き先が魅力的だったから」

    「プラチナチケットだったら誰が一緒でも行く」(10代女性)というように、行き先のイベント目当てに承諾をしたケースです。お互いの趣味が一致している場合は盛り上がりそうですが、単なる「同行者」と見なされる可能性もありそうです。

誘う側の気持ちとは裏腹に、デートに応じる女性の心理には色々な理由があるようです。どんな形であれ、二人きりで出かけるチャンスは有効に活かしたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から9日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock