男性が自分のことを「甘えん坊だな〜」と実感する瞬間とは?


1417231856636 200x200

男性はいくつになっても子どもっぽいところがあり、誰でも甘えたな一面をもっていると言われます。では一体どういったときに、男性が自分のことを甘えん坊だと自覚するのでしょうか。今回は『スゴレン』男性会員にアンケートを実施し、「男性が自分のことを『甘えん坊だな〜』と実感する瞬間・ベスト3」をご紹介します。


【1位】とにかく女性の胸ばかりに目がいくとき(35票)
・「顔をうずめて甘えたくなる」(20代男性)
・「マザコンほどではないけど、やっぱり甘えたい。」(10代男性)
・「胸に顔をあてたいと考えるのは俺だけじゃないはず」(20代男性)

【2位】「ひとりの時間がほしい」と言うくせに、会いたくなるとすぐに電話してしまうとき(31票)
・「情けないですね…」(30代男性)
・「突然呼び出すと彼女は嬉しそうにするんです」(20代男性)
・「自分から『一人になりたい』といっときながら、夜には寂しくなって電話してしまう」(20代男性)

【3位】わざとお腹のあたりに抱きついて、頭を撫でてもらおうとするとき(26票)
・「こうされると落ち着くんですよね」(20代男性)
・「頭を撫でてもらった流れで、ひざまくらを要求することも」(20代男性)
・「頭なでなではヤバい。ゴロゴロいいそうになってしまう」(20代男性)


男性が自分自身を甘えん坊だと思うのは、女性に甘えたくなったときに強く実感するようです。日頃は外でカッコつけている分、なかなか甘えたな部分は見せることができませんが、女性を目の前にすると、つい甘えん坊な部分が出てしまうのが本音のようです。オンオフの使いわけを間違えると、引かれてしまうこともあるので気をつけたいものです。

【調査概要】
対象:合計170名(『スゴレン』男性会員)
方法:インターネット調査
※2014年10月25日現在