「ただの同僚」だった男性が恋人候補になったキッカケ9パターン


職場恋愛には面倒な気遣いが付きものゆえ、避けたがる女性は少なくありません。とはいえ、男女が長い時間をともにする「会社」が、恋愛感情の芽生えやすい空間であることも事実でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『ただの同僚』だった男性が恋人候補になったキッカケ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ミスをさりげなくフォローしてくれるなど、特別扱いを感じたとき

    「『守ってくれた』って感じると見る目が変わる」(20代女性)など、仕事中に「特別扱い」を感じると、意識が変わるという女性は多いようです。ミスを助けて一緒に残業するなど、周囲にバレない程度のさりげない「特別感」を演出してみるとよさそうです。

  • 【2】飲み会で隣に座り、サシでじっくり話をしたとき

    「職場じゃできない深い話をすると気になる」(20代女性)など、飲みながら二人きりで話をすると、一気に距離が近くなるようです。仕事の相談だけでなく、プライベートな話で盛り上がることを意識すると、立場を気にせず親しみを感じてもらえそうです。

  • 【3】二人きりで出張に行くなど、社外で長く一緒に過ごしたとき

    「いつもと違う環境だと、すごく身近な感じがする」(20代女性)など、出張をきっかけにして相手を意識するケースも多そうです。ただし、その場で強引に迫ればパワハラやセクハラになりかねないので、あくまでも仕事をまっとうしながら、徐々に段階を踏むべきでしょう。

  • 【4】過去の恋バナなど踏み込んだ話題で盛り上がったとき

    「やっぱり一人の男なんだなぁって意識しちゃう」(20代女性)など、お互いの恋愛話で盛り上がると、異性としての印象が強まるようです。同僚ともなれば世間話をする機会は多そうですが、色っぽいネタは、できれば二人きりでいるときに自然と繰り出したいものです。

  • 【5】髪型やメイクの変化に素早く気付いて、褒められたとき

    「しっかり女性として見てくれてる気がする」(20代女性)など、外見の変化をきちんとチェックすることで、さりげなく好意が伝わる場合もあるようです。単に「髪型変わったね」と指摘するだけでなく、「かわいくなったね」とハッキリ褒めたほうがわかりやすいでしょう。

  • 【6】休日に同僚たちと遊びに行って、私服姿を見たとき

    「その人の『素』に触れたような気がする」(20代女性)など、職場以外の場所で会ったときの「本来の姿」にキュンとくる女性もいるようです。同僚同士で誘いあって遊びに行くようなチャンスがあれば、積極的にオシャレをして参加しましょう。

  • 【7】仕事中は厳しくプライベートでは優しいなど、公私のギャップを知ったとき

    「社内恋愛でもうまく切り替えてくれそうな予感がする」(20代女性)など、社内バレのリスクを重く見ている女性のなかには、公私の区別をハッキリさせるタイプの男性に信頼を寄せるケースもあるようです。いい雰囲気になってきても、恋愛感情を公の場に持ち込まないようにすると安心してもらえるでしょう。

  • 【8】さりげなくオヤツを差し入れてくれるなど、細やかな気遣いを感じたとき

    「餌付けされると弱い」(20代女性)など、日々のちょっとした気遣いを好意的に受け止める女性は多いようです。3時のオヤツや出張のお土産など、折にふれてささやかなプレゼントを贈ることで、見る目が変わってくるかもしれません。

  • 【9】徹夜で必死に仕事をして、疲れきって弱っている姿を見たとき

    「全力で頑張っている姿を見ると、守ってあげたくなる」(20代女性)など、フルパワーで仕事をして精魂尽き果てた男性の様子に、母性本能をくすぐられるという女性もいます。社内でも目立つほど本気で仕事に取り組んでいれば、自然と評価は変わりそうです。

毎日の仕事を通じて交流を重ねていくうちに、同僚女性との距離が縮まっていくことは大いにあり得るようです。仕事と平行して、じっくり取り組みたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年6月3日から5日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:DragonImages/iStock/Thinkstock