女性が彼氏と作りたい「夏の思い出」9パターン


イベントの多い夏は、カップルが思い出を作るのにうってつけの季節です。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「女性が彼氏と作りたい『夏の思い出』」をご紹介します。

  • 【1】水着を着てプールではしゃぐ。

    「恥ずかしいけど、水着姿を披露するのも夏ならでは」(20代女性)というように、女性は男性に自分の色々な姿を見てもらいたいと思っているようです。少し羽目を外してはしゃいだりすると、夏のいい思い出になるでしょう。

  • 【2】海辺をドライブしてきれいな夕陽を見る。

    「ドライブはいつでもできるけど、雰囲気がいいのは夏!」(20代女性)というように、風を感じながらのドライブを夢見る女性は多いよう。きれいな夕陽を見て浜辺で話をしたりすれば、ロマンチックな夏の思い出ができるでしょう。

  • 【3】浴衣を着て花火大会に行く。

    「せっかく花火を見に行くなら、ふたりで浴衣が着たい!」(20代女性)など、女性は男性の浴衣姿にも期待しているようです。普段とは違う格好でのデートは、テンションも上がるはず。ケータイで写真を撮って待ち受け画面にすれば、ふたりの共通の思い出として心に残るでしょう。

  • 【4】長期の休みを使って避暑地へ旅行する。

    「彼氏とふたりきりで旅行をするのって、大人っぽい。一度やってみたいな」(20代女性)など、学生時代にはなかなかできない夏の思い出として、旅行を期待する女性は多いよう。せっかくだから落ち着いた避暑地などで、プチ贅沢な大人の夏を満喫してはどうでしょうか。

  • 【5】キャンプやバーベキューなどアウトドアなデートをする。

    「友達カップルを誘ったりすると楽しそう。彼氏の活躍も見てみたい」(20代女性)というように、アウトドアで発揮される彼氏の新たな一面に期待する女性もいるようです。逆にここでヘタレな一面を見せてしまうと失望されかねないので気を付けましょう。

  • 【6】夏祭りで金魚すくいをする。

    「ふたりで夜店を見たりしたい。彼氏が金魚をとってくれたら嬉しいな」(20代女性)など、彼氏が自分のために金魚をとってくれる、という夏ならではのシチュエーションを喜ぶ女性も多いようです。ヨーヨー釣りなどでも同じような効果があるでしょう。

  • 【7】スポーツ観戦をしながらビールを飲む。

    「涼しい夜風を感じながらナイター観戦したい」(20代女性)と、アクティブな夏の思い出に期待する女性もいるようです。居酒屋などではない場所で飲むビールも、解放感があっていいものです。ふたりが好きなスポーツを観れば、雰囲気も盛り上がるでしょう。

  • 【8】映画館でホラー映画を観て涼しくなる。

    「夏といえば怪談。私が怖がったら『大丈夫だよ』って言ってほしい」(20代女性)など、夏ならではのシチュエーションで、頼もしい彼氏の姿を見たいと思う女性は多いよう。彼氏のほうが怖がり過ぎたりすると台無しなので、たとえ泣くほど怖くても男らしい姿勢を崩さないよう心がけましょう。

  • 【9】ふたりきりの夜の公園で線香花火をする。

    「夏の終わりの夜の公園とか、ロマンチックだよね」(20代女性)など、ちょっと切ない夏の思い出として、線香花火をしたがる女性もいるようです。デートのメインにするようなイベントでもないので、デートの帰り道、どちらかの家の近所の公園でしてみてはいかがでしょうか。

ほかにも「こんなステキな夏の思い出がある」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock