忘年会で同僚男性を「恋愛対象としてアリ」と意識した瞬間9パターン


年末のこの時期、職場の忘年会で好印象を振りまけば、それまで自分をただの同僚としか見てくれなかった女の子が、あらためて異性として意識してくれるようになるかもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「忘年会で同僚男性を『恋愛対象としてアリ』と意識した瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「データ整理お疲れさん!」とその年一番の成果を褒められたとき

    「とっても頑張った仕事だったので、なんだか報われた気がした」(20代女性)というように、自分の仕事ぶりを認めてもらえるのは、誰しもうれしいものです。「フォーマットもすごくわかりやすくなった」などと具体的に評価すれば、言葉に真実味が増しそうです。

  • 【2】「そこ寒くない?席代わろうか?」と気遣ってもらったとき

    「『ひざに掛けな』とコートを差し出されてキュンときた」(20代女性)など、優しくいたわってもらって悪い気のする女性はいないでしょう。「冷えるよね。大丈夫?」などと配慮の言葉を添えると、「わかってる!」と感激されそうです。

  • 【3】「いつもおしゃれだね」と普段から見ていてくれることがわかったとき

    「『今日のコーデかわいいね』とか言われたら、心の中で小さくガッツポーズです」(20代女性)というように、常に見守ってくれている視線に気づいて、テンションが上がる女の子もいます。ただし、一歩間違うと「気持ち悪い」と思われる可能性もあるので、言い方やタイミングには気をつけましょう。

  • 【4】「実は一度話してみたかったんだ」と今まで気にかけていたことを明かされたとき

    「面と向かって言われてドキッとした」(20代女性)というように、率直に興味を示す正攻法もストレートに響きそうです。会話が続くように、相手が興味を持ちそうなネタをあらかじめ用意しておきましょう。

  • 【5】「部長、次何飲みますか?」とセクハラ上司の気をそらしてくれたとき

    「彼氏の有無をしつこく聞かれてウザかったので、助かりました」(20代女性)など、同僚女性が困っていたら、救出に向かうのも手っ取り早い方法です。あくまでもスマートに、押しつけがましくならないように気をつけましょう。

  • 【6】「あのバンド俺も好きだよ」と共通の趣味が判明したとき

    「隣の席になって初めて音楽の好みが一緒だとわかった」(20代女性)など、プライベートの話をしてみて、意気投合することもあるでしょう。相手に関するリサーチが万全であれば、「うそ、俺もそれ好きなんですよ」などと偶然を装って急接近することもできそうです。

  • 【7】「俺がやるから、君は食べなよ」と仕方なく引き受けた鍋奉行を代わってくれたとき

    「私が全然食べていないことに気づいてくれたのは彼だけだった」(20代女性)というようにここぞというときの救いの手ほど、ありがたがられるものはありません。いざというときすぐに動けるように、日ごろから観察眼を磨いておきましょう。

  • 【8】「水ください!」と飲み過ぎた自分のために酔い覚ましを頼んでくれたとき

    「みんなにわからないようにお酒と水を交換してくれて、優しいなあと思った」(20代女性)など、状況に応じた適切な対処で、デキる男をアピールする手もあります。一気飲みさせられそうな女性がいたら、代わりに飲んであげるのもポイントが高そうです。

  • 【9】「同じ方向だし、女の子一人じゃ危ないから」と家まで送ってもらったとき

    「それまで二人で話したことはなかったけど、もっと彼について知りたくなりました」(20代女性)というように、帰り道に二人きりの時間を過ごして一気に親密になることもあるでしょう。気になる同僚がいたら、通勤ルートをあらかじめ調べておきましょう。

忘年会は、一年に一度、話せそうで話せなかった女性とお近づきになるまたとないチャンス。スマートなふるまいで、あなたの紳士ぶりや親しみやすさを印象付けましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から8日まで
対象:合計500名(独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock