恋の先制攻撃!初対面の女の子を笑顔にさせる「褒め言葉」9パターン


恋愛という勝負の世界では、「先手必勝」で挑む心意気があったほうがいいかもしれません。出会ったばかりの女子には、ジャブ感覚で褒め言葉を放って一気に距離を縮めたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「恋の先制攻撃!初対面の女の子を笑顔にさせる『褒め言葉』9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「カワイイですね!」と、堂々とルックスを褒める

    「なかなかストレートに褒められることはないからドキッとする」(20代女性)というように、容姿を褒めるという正攻法で出会い頭に女性を喜ばせてしまうパターンです。チャラ男との差別化を計るために、爽やかな微笑みと丁寧な言葉遣いを意識したいところです。

  • 【2】「モデルの○○に似てますね」と、有名人に例えて持ち上げる

    「美人に似ていると言われると、否定しつつも内心超うれしい」(10代女性)というように、女性を高確率でまんざらでもない気分にさせられるのが「似てるね」作戦です。ファッションや髪型から相手の「憧れている人物」を推理して、たとえお世辞でも似ていると言ってあげましょう。

  • 【3】「もしかして東北出身ですか?」と、遠回しに美肌を指摘する

    「肌の素質を褒められている気分になる」(20代女性)というように、遠回しに「天然美肌ですね」と伝えて、相手をいい気分にさせる手もあります。「実際はどこ出身なの?」と、自然に地元トークに広げて会話を盛り上げましょう。

  • 【4】「ネイルめっちゃかわいいね」と、指先を見つめる

    「ネイルにお金をかけているから褒められると『見る目があるな』と思う」(20代女性)というように、女性のこだわりが宿る指先も見逃せない褒めポイントです。オシャレなハンドクリームを教えてあげるなど、いっしょに美容トークができれば完璧でしょう。

  • 【5】「本当に同い年?ぜんぜん見えない!」など、年齢を若く見積もる

    「子ども扱いされても、老けて見られるより100倍マシ」(20代女性)というように、たとえお決まりのフレーズでも「若く見える」と告げるだけで、ポイントアップが見込めそうです。「内面はしっかりした大人なんだね」などとギャップを褒めれば効果が倍増するでしょう。

  • 【6】「アパレル関係の仕事ですか?」と、ファッションセンスを褒める

    「おしゃれピープルとして扱われると『ヨッシャ!』と言いたくなる」(20代女性)というように、ファッションのプロと間違えることで女性の自尊心を満たすパターンです。コーディネートを褒めるときは、「とくにバッグが素敵だね」などと一番高そうなアイテムに触れておきたいところです。

  • 【7】「彼氏何人いるんですか?」と、モテそうに見えることを伝える

    「女としての色気を褒められると自信がつく」(10代女性)というように、「モテるでしょ?」と指摘して、優越感を味わわせる手もあります。彼氏がいなかった場合は「マジで?チャンスだ!」と大げさに喜んでみせましょう。

  • 【8】「脚が長いですね」と、身長が低くてもスタイルの良さを褒める

    「普段チビ扱いされてるから、スタイルを褒められると感動する」(10代女性)というように、相手のコンプレックスを別の角度から褒めることで、レア感を演出する作戦です。太り気味でも「セクシーだね」と言うなど、個性に価値を見出してあげましょう。

  • 【9】「キャンユースピークジャパニーズ?」と、欧米美女として扱う

    「『英語で話しかけられちゃった』と、ネタとして友だちに話せる」(20代女性)というように、わざと外国人と間違えることで女性に自慢話をプレゼントするパターンです。「金髪が似合いすぎてて日本人に見えなかった」などと説得力のある言い訳を用意しておきましょう。

初対面のシチュエーションでは、意外と「見た目」に関する褒め言葉が受け入れられやすいようです。下心を感じさせないように、爽やかなムードで言えるようになりましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から8日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock