LINEで「この人面倒くさい…」と思われる男性の特徴9パターン


男女の仲を深めるために欠かせないツールとなった「LINE」ですが、使い方を間違えると、女性から「面倒くさい男」のレッテルを貼られてしまうリスクもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「LINEで『この人面倒くさい…』と思われる男性の特徴9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「おーい」など、中身のないメッセージを連発する

    「暇つぶしにいちいち付き合ってられない」(20代女性)というように、用件や内容のハッキリしないメッセージを頻繁に送ると、女性は反応するのが面倒になるようです。単なる暇つぶしと思われないよう、「伝えたい内容」を明確にすることを心がけましょう。

  • 【2】女性からのメッセージだと、返信が異様に速い

    「1日中スマホ眺めてるとか何考えてるの」(20代女性)というように、女性からのメッセージに即レスしていると、下心が見透かされてしまうおそれがあるようです。日中や深夜の即レスは避け、余裕のある時間帯にまとめて返信すると自然に見えるでしょう。

  • 【3】スタンプをやたらと多用して、まともな文章を送らない

    「適当なスタンプを連発されると見るのも面倒」(20代女性)というように、手軽に感情を伝えられて便利なスタンプも、頼りすぎると相手をイライラさせてしまうようです。なるべくしっかり文章を書き、内容に応じたスタンプを少しだけ貼るのがスマートでしょう。

  • 【4】常に文章の末尾が「?」の疑問文で、やり取りを終わらせない

    「キリのいいところで終わらせたいんだけど」(20代女性)というように、疑問文の連発で無理に会話を続けると、女性を疲れさせてしまうようです。そもそも、お互いに好意があればやり取りは続くもの。変に引っ張るより、キリがいいタイミングで終えるほうが好印象でしょう。

  • 【5】即レスする割に、返事のしようがない短文ばかり送る

    「『そうなんだー』『ウケる』とかばっかりじゃ話が続かない」(20代女性)というように、工夫のない相槌だけでは会話は盛り上がりません。女性にばかり話をさせるのではなく、お互いに興味を持てる話題を提供して、積極的にリードしたいものです。

  • 【6】客観的にはイマイチなギャグを連発する

    「気に入ってるからって押し付けられてもさむい」(10代女性)というように、自分の周囲で流行っているギャグなどをLINE上で連発しても、女性を冷めさせてしまうようです。強引なギャグより会話の流れを壊さず上手に切り返したほうが、センスの良さをアピールできるでしょう。

  • 【7】反応が遅れると「なんで返事くれないの?」などと催促しまくる

    「なんでそっちのペースに合わせなきゃいけないの?」(20代女性)というように、返信の催促は「面倒な男」のイメージを決定づけるようです。いくらLINEが気軽でも、返信のペースは人それぞれ。自分のリズムを押し付けたりせず、悠々と返事を待つのが正解でしょう。

  • 【8】彼氏でもないのに毎晩「おやすみ」を強要する

    「あんたの寝るタイミングなんて知らないって!」(20代女性)というように、決まりきった朝晩の挨拶を一方的に続けると、女性に気味の悪さを感じさせるようです。定型文の挨拶を押し付けるよりも、相手が返信したくなる話題をじっくり考えましょう。

  • 【9】相手からの返信を待たずに、次々とメッセージを送って別の話題を振る

    「慌しすぎて続けたくなくなる」(20代女性)というように、相手の返信より早くせっかちに次の話題を振ると、女性を面倒な気持ちにさせてしまうようです。LINEでのやり取りは「ひとつの話題が終わってから次へ」を心がけ、話をあちこちに散らかすのは避けましょう。

LINEを使うことで異性との距離感を縮められるのは確かですが、あまり先走るのも違和感を与えてしまいそうです。ほどよいペースで、賢く使いこなしたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から27日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock